FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > インデックスファンド > 野村7資産バランス為替ヘッジ型 > 順調に総資産80億突破。野村7資産バランス為替ヘッジ型資産状況2018年12月編
野村7資産バランス為替ヘッジ型

順調に総資産80億突破。野村7資産バランス為替ヘッジ型資産状況2018年12月編

funds-i.png

本シリーズは野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク

野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型資産推移


funds-i-7heage-20181204.png

資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6、先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9です。

運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。基準価額は13,454円→13600円と先月下げた分をやや回復。

総資産は79.1億→82.2億と3.1億増加して、数億規模の資産流入が続いている状況です。

資産規模は順調に増えていますが、基準価格は1月末や9月末からはまだ遠い状況です。

先月為替が1ドル112円台になったときに円高になりそうだなぁと思って見てたら、また113円に戻った状況。

なんだか半年くらい1ドル112円くらいで安定しているような錯覚ですが、2018年の3月頃は105円くらいでした。

あれか、これかに書いてありましたが、1カ月あたりのドル円相場のボラティリティが2.6%、年間で9%でしたので114円から105円の間と考えると比較的妥当な線ですかね。

去年は株価のボラティリティが記録的に低すぎて、今年に入っての株価も上下に激しく動くようになってますので、為替もそうなるんじゃないかとやや警戒感を持ってます。

アメリカの利上げ低位時期接近の気配もありますので、過大評価は必要ないかもしれませんが、ニュースにアンテナはっておきたいですね。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1884-85cb72c5
該当の記事は見つかりませんでした。