fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > セミリタイア > 45歳以上でリストラが増えるとなると、FIREを目指す人も増えていくのでは?
セミリタイア

45歳以上でリストラが増えるとなると、FIREを目指す人も増えていくのでは?

dog-2467149_1920.jpg

新年度が始まり新しい元号も令和に決まって装い新たに新年度開始という人も多いのでしょう。

こんな状況なのですが、最近気になってる話題として「45歳以上をリストラ」という記事をちらほら見かける件があります。

人間35歳過ぎると新しいものを受け入れにくくなるという話もありますし、韓国企業では40歳という話もあるから仕方ない面もあるかと。

とはいえわたしの周りを見ると、45歳って結構厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた人たちなので、仮にリストラという話になった場合大丈夫?とも思いますが。

むしろ逃げ切り態勢の50代前半~中盤のバブル世代の方が問題だと思いますけど。

わたしを含めて45歳以上と新人との中間にあたる世代の感覚では、あと10年くらいすると明日は我が身とも思うのですけど、関連記事読んでいて思ったんですよね。

45歳以上でリストラとなりますと、FIREを目指す人が増えるのではないかと。

スポンサードリンク

IT・電機関連だけでなく飲料や製薬も45歳以上が対象になっている


富士通、NEC、シャープあたりの記事をみつけたのでIT・電機関連だけか?とも思われましたが、コカコーラジャパンや協和発酵、エーザイあたりも45歳以上対象のリストラを行ってるようです。

ただ、上記にあげた会社の中にわたしの大学時代の同期が勤めてまして、リストラが発表される前に聞いた話だと、「景気は悪くなく人が足らない」という話でした。

聞いたのが昨年末の話でしたので話違うやんと思ったら、どうやら技術職・研究職やエンジニア系の話のようで。

[スクープ]独自入手、富士通の4月機構改革と人事異動の骨子

富士通のリストラの記事を読む限り、人事や総務、経理あたりの部門はいずれシステムや自動化で不要になるので、早めにシフトさせて一部が生き残れればいいということでしょう。

IT企業の場合、新技術のための体制シフトをしないと時代についていけないというのもありそうですが。

ともあれ今後需要があるのは、技術・研究・エンジニア系の仕事でしょうから、これ以外の職種且つ20代の場合は他業種への転職を視野に入れる必要があるでしょうね。

副業解禁が進むとFIREや40代でダウンシフトも選択肢になるだろう


人生100年時代が進むと同時に、副業解禁も進んでいくことでしょう。

ただ、現状企業が45歳あたりでリストラの制限をつけるとなると、副業ができるので30代までに稼げるだけ稼いでFIRE(早期リタイア)を選ぶ人も出てくるでしょう。

同様に30代までにある程度お金をためてその後ダウンシフトというのも選択肢になるんじゃないかと。

人生100年時代に逆行してる感もありますが、定年雇用がなくなる一方で、転職しにくいという難点も他国と比べて残っているわけです。

将来の保証というのが見えなくなると、先に備えて生存本能的に貯める方向に行っちゃうんじゃないですかね?


最近読んでいる「日本人の勝算」でも、マルチタスク・高生産性という話が出てきますけど、さすがにそれを万人ができるわけではない。

より多くの人に共通にできることとすれば結局は「卵は一つのカゴにに盛らない」ということに行きつくかと。

ただし、投資は状況によってはマイナスになることもあります。

それを考えると収入をポートフォリオ的に考えて、本業と投資以外にも着実に入ってくる副業なりの収入源を作るのが今後必要になってくるのではないでしょうか。

とはいえ、不動産にしても暴落リスクはありますし、太陽光なんかは10年後のゴミ処理とかの問題が解決しない限りはリスク大と考えます。

個人的には投資をしつつも現金部分も着実に増やすという着実な方向で進めていきたいと考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2011-041f853b
該当の記事は見つかりませんでした。