FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 株価の上昇が続いているので、世界各国の年次パフォーマンスを調べてみた
海外ETF

株価の上昇が続いているので、世界各国の年次パフォーマンスを調べてみた

boy-1822631_1920.jpg

アメリカの雇用統計も先月の数値が悪くなく円安と株高が進んでおります。

1月2月の急上昇もありまあしたが、昨年10月初めの最高値も見えてきそうな状況。

NYDOW-5y-20190407.png

ただ、4月に好調となりますと運用を始めてからはあまり下落がないものの、セルインメイ(SELL IN MAY)の5月になる可能性があるんじゃないかと思えてきます。

先週も書きましたけど債券も割安からは抜け出している状況ですし、2013年と同じことが起きる可能性はあるかなと。

BNDやTLTあたりに投資する好機は去りつつある? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

3月末で資産を集計していたのですが、3月は株式が上昇していないように見える状況。一方で、先進国の債券が結構増えてる印象を持ちました。...

ニューヨークダウも上昇していますが、中国株なんかはもっと上昇してる印象で、全世界的に株価が上昇している印象。

各国で見ると実際のところどうなのかということで調べました。

スポンサードリンク

米国、米国外先進国、新興国、日本 年次パフォーマンス


まずアメリカ(SPY)、米国外先進国(VEA)、新興国(VWO)、日本(EWJ)の年次のパフォーマンスを見てみましょう、

SPY-VEA-VWO-EWJ-201904.png

赤のS&P500がもっとパフォーマンスがよくプラス15%超え。新興国もプラス15%と上昇幅は大きい。

米国外の先進国株もプラス13%程度ですが、日本株はプラス8.5%とやや遅れた感がありました。

では、アメリカや日本以外の各国で見ていくとどうなるのか?

主要な国の年次からの株価のパフォーマンス


主要な国がどういう状況か、iシェアーズの各国のETFで調べてみました。

allcountry-ETF-2019.png

意外と上位はVTと似たようなパフォーマンスだったのですが、唯一といっていい20%超えはギリシャでした。

中国も印象通りの高めですが、欧州の先進国も軒並みパフォーマンスがいい状況です。

パフォーマンスが平均よりもよくない組で見ると日本やインドですかね。

フィリピンやインドネシア、ブラジル、ポーランドあたりもよくないですね。ポーランドは数年前絶好調だった反動が出てる印象です。

米国株の年平均のリターンが10%と考えると行き過ぎた上昇はフラグ


ニューヨークダウの過去の平均リターンが10%程度と考えますと、すでに年次でプラス15%になっていて、他国も似たようなパフォーマンスになってる状況はちょっとフラグ臭を感じます。

行き過ぎた上昇は調整の引き金を引きかねないですし。

2019年になって急ピッチで資産が増加してるので、過熱気味ではないかニューヨークダウを確認してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

金曜の夜に2月終了時点の投資資産の確認を行っていたのですが、仕事が忙しく相場をあまりまともに見てなかったせいなのかここまで増えてんのと。去年の9月から資産が増加→株価が下落して減少を隔月で繰り返してきていただけに、急に2カ月連続で増えていると違和感を覚えるのですね。...

とくにあまりいい状態じゃない国の株価も上昇しているので、警戒感は上げる時期が近づいてるかもしれません。

振り子のように株価は動く側面がありますので、前のめりにならずに周りを冷静に見る必要がある時期かと考えます。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2016-169ac688
該当の記事は見つかりませんでした。