FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > レラティブ・ストレングス > 欧州株のVGKも回復したが、ヘルスケアセクターのVHTが崩れる。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年4月度編
レラティブ・ストレングス

欧州株のVGKも回復したが、ヘルスケアセクターのVHTが崩れる。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年4月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

前回の結果は以下の通りです。

HDVとVIGは昨年の最高値更新。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年3月度編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。...

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク

債券のETF

    TLT(長期債) BUY
    LQD(投資適格社債) BUY
    BND(米国債券) BUY
    JNK(ジャンク債) BUY
    BLV(米国長期債券) BUY
    VCLT(米国長期社債) BUY
    EDV(超長期米国債) BUY

REITのETF

    IFGL(米国除くREIT) BUY
    IYR(米国REIT) BUY

セクターETF

    KXI(世界生活必需品) BUY
    IXC(世界エネルギー) SELL
    IXJ(世界ヘルスケア) BUY
    VDC(米国生活必需品セクター) BUY
    VHT(米国ヘルスケア・セクター) BUY→SELL

高配当系ETF

    HDV(高配当) BUY
    VYM(高配当) BUY
    VIG(連続増配) BUY

小型株とVTと米国外ETF

    VT(全世界株式) BUY
    VSS(米国除く小型株) SELL
    VB(米国小型株) BUY
    VBR(米国スモールキャップ・バリュー) SELL→BUY
    VBK(米国スモールキャップ・グロース) BUY
    VXUS(トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)) SELL→BUY
    VGK(ヨーロッパ) SELL→BUY
    VWO(エマージング・マーケッツ) BUY
債券は横倍でTLTなんかはやや下落していますが、株式は基本的に好調でした。

BUYに変わったのは米国外のVXUS、米国小型株バリューのVBR、欧州株のVGKで基本的にアメリカだけでなく新興国や欧州株も株価の上昇が続いていて、1年近く崩れていた欧州も回復。

アメリカも新興国も欧州も崩れていないとなると、株式の調整が近づいてくる印象があるので、調整が起こる確率は高まりつつあるのかなと考えます。

どこが震源になるか予測しずらいので攻めすぎない投資を意識するしかないかなと。

調子に乗るといいことはないので、データ的なものや感覚的なものを重視していきたいと思います。

ヘルスケアセクターだけ4月は崩れる


わたしが重点的に投資してる米国ヘルスケアセクターETF(VHT)だけ4月は崩れました。

「国民皆保険制度」の影響を受ける懸念から大きく下げてましたが、その影響は他の銘柄にも広がっていて、VHTの主な構成銘柄のジョンソン&ジョンソン、ファイザー、ユナイテッドヘルス、メルク、アッヴィーとS&P500の4月のパフォーマンスが以下の通り。

JNJ-PFE-UNH-MRK-ABBV-SPY-1m-20190507.png

黒のS&P500をいずれも下回ってます。とくにファイザー、ユナイテッドヘルス、メルクの落ち込みは大きいです。

ただ、オバマケアの時にティリングハストが分析した結果&ユナイテッドヘルスに投資をし続けていることを信じるなら影響はそこまでないんじゃないかと思うんですけどね。

2015年後半から2016年の大統領選挙前後に大きく崩れたヘルスケアセクターですが、結果的にあのタイミングで投資をできたのがいま功を奏しています。

余りにも敬遠されるようでしたら投資の機会と見ますが、それなりに注目してる人は日本のネット上でも見かけるので、逆に盛り上がりすぎたらよくないかもというのが正直な感想です。

GAFAが盛り上がり、その後潮が引くように騒がれなくなっていま復活傾向になるのを見ますと、騒がれないくらいがちょうどいいのかなといまでは考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2043-0637abe2
該当の記事は見つかりませんでした。