FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > インデックスファンド > 野村7資産バランス為替ヘッジ型 > ついに純資産総額が100億円に手が届くところまできた 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2019年8月編
野村7資産バランス為替ヘッジ型

ついに純資産総額が100億円に手が届くところまできた 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2019年8月編

funds-i.png

本シリーズは野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク

野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型資産推移


funds-i-7hedge-20190806.png

資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6、先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9です。

運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。基準価額は14300円→14516円と大きく上昇。

1ドル109円まで行きましたが、全資産上昇した状況も後押しして価格も上昇しました。

総資産は94.2億→98.1億と3.9億増加。100億円超えが見えてきましたね。

流石に8/2は株価下落の影響で97億台に逆戻りしましたが、ついにその時が近いかなと。

2019年度のNISA枠が微妙に2000円くらい残ってるので、100億超えたらご祝儀的にTポイントで投資しようかとも考えています。

ドル円の為替の水準は95円~105円くらいで考えておいたほうがいいのかもしれない


8/2に一気に1ドル106円くらいになりましたが、為替に関しては国際通貨研究所などいろんな理論を見ますが、その話を総合すると95円~105円くらいが水準なのかなと。

それを考えると、90円とかになると円高だと思いますが、100円くらいなら適正ぐらいに考えておいたほうがいいのかもしれません。

円高になると割と海外ETFを円で買うチャンスともいえますので、ポジティブな面も忘れないようにしたいと思います。

とはいえ10年ぶりの米国の利下げで為替に影響は出る可能性が結構ありますし、セクター関連でも変化は「金利を見れば投資はうまくいく」を読む限り起きうるでしょう。


わたしのようなチキンな人間にとっては、リスクを下げるためにも債券やREITへの分散だけでなく、為替ヘッジ付の投資もある程度は行ったほうがよいかなと。

為替ヘッジ付ということを考える上で、野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型はいいファンドだと考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2135-a57a60b6
該当の記事は見つかりませんでした。