FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > ウォール街のランダム・ウォーカー12版に載ってる年代別ポートフォリオ
海外ETF

ウォール街のランダム・ウォーカー12版に載ってる年代別ポートフォリオ

randomwalker-portfolio-20190804.jpg

ウォール街のランダム・ウォーカー原著12版を読んで一つ引っかかったことがありまして、それは年代別ポートフォリオ。

20代半ば、30代後半から40代初め、50代半ば、60代後半という4つの年代別でアセット・ミックスが掲載されています。

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第12版〉はNYダウが最高値の時期だからこそ読み直すべき一冊 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ウォール街のランダム・ウォーカーは、図書館で1度借りてと3年前に出た11版を購入して持っているの計2回ほど読みました。ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉を読んで分厚い本ですが、投資を始める際に読んでおいて損はない一冊だと考えます。そんなウォール街のランダム・ウォーカーの原著第12版が今月発売になりました。...

その中で、50代半ばの投資家のポートフォリオで具体的なファンドやETFを使ったポートフォリオが掲載されています。

50sportfolio.jpg

なぜか債券の27.5%の部分の12.5%がDGRWやらバンガードのファンドが株式に投資するものだったりと債券?という感じもするポートフォリオでした。

VDIGXは一応公式HPには「This fund is designed to provide investors with some income while offering exposure to dividend-focused companies across all industries. 」とありますけど。

日本では取り扱いのないファンドも多いので、実際にポートフォリオを組むとどうなるのか調べてみました。

スポンサードリンク

年代別ポートフォリオ

50代半ば(不動産12.5%、現金5%、債券27.5%、株式55%)

50s-portfolio-20190804.png

30代半ば~40代初め(不動産10%、現金5%、債券20%、株式65%)

30s-portfolio-20190804.png

20代半ば(不動産10%、現金5%、債券15%、株式70%)

20s-portfolio-20190804.png

ポートフォリオは年齢が上がるにつれて債券の比重が上がり、株式の比重が下がります。

なおバンガードのファンドで固めようとしましたが、ファンドの値が取れなかったりしたり、新興国債券のファンドが10年未満だったりしたので、その分はLQDやEMBなど他のファンドで代替しています。

各ポートフォリオパフォーマンス


では、パフォーマンスはどうなのか?S&P500と比較すると以下の通り。

portfolio-growths-20190804.png

特徴としては、分散してるけどリーマンショック時はS&P500並みに下落していることと、2012年頃まではS&P500を上回っていたものの、その後の新興国と米国外先進国の不調の影響を受けている点があげられます。

本の中ではシャープレシオに関しても書かれていましたけど、過去10年程度で0.5を下回っています。

portfolio-returns-20190804.png

また、米国株との相関性は0.96と高いものになっています。

portfolio-annual-return-20190804.png

なぜか2013年にS&P500が大きく上昇した以外は比較的似たようなパフォーマンスになっています。

portfolio-assets-20190804.png

ファンド別のパフォーマンスを見ると、VDIGXが米国大型株対象なので、リスクを考えるならば、これを長期債券あたりに変えるなり、適格社債を長期債に変えるなどをすると株式との相関性も下がるでしょうね。

本の中では、金に関して5%程度、長期債に関しては1970年代~1980年前半のことを考えて、レイ・ダリオの黄金ポートフォリオにも注意が必要というのは私も同意見です。

とくに金は2000年くらいから結構上昇しているのを見ますと、一概に過去と同一と見ていいのか?という疑問もありますし。


とはいえ米国金利低下となりましたので、金や長期債にも目を向けていく必要はあるのかなと考えています。

その意味でマルキールの新興国債券をポートフォリオ内に結構組み入れてるのは面白いかなと思いました。

組み入れ効果に関しては、新興国株式が下落したときにどうなるか?とかも含めて調べてみる価値はあるかと考えています。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2138-3d7e423f
該当の記事は見つかりませんでした。