FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 投資哲学・投資理論 > まだ慌てる時間じゃない。9月まで投資は待ちガイル
投資哲学・投資理論

まだ慌てる時間じゃない。9月まで投資は待ちガイル

matigairu.png

8/1を境目に株価が急落している状況で、ニューヨークダウも25000ドル切りそうな感じになってきました。

両方とも米中貿易摩擦が発端ですので、今年の5月のデジャブのような感じです。

そういえば、5月ってニューヨークダウの水準ってどれくらいだったっけ?と見返してみると24000ドル台。

いまを思うとそれなりに下がってたなと思える水準です。

じゃあ昨年末はというと21000ドル台だったわけですから、今年は結構株価が上がってきてたんだなと感じます。

ではこの下落が投資のチャンスかというと、個人的には8月中は投資に対して待ちガイルのスタンスですね。

スポンサードリンク

昨年12月末と似たような空気がなくもないが・・


昨年12月末と似たような空気がなくもないという感じはします。

ただ、12月と違って円が各通過に対して全面高になっていたり、リスクの避難先で需要がありそうな、バンガード・米国トータル債券市場ETF (ティッカー:BND)は84ドルに迫っています(12月は80ドル切っていた)。

ちょっと違う面もあるということは意識したいですね。

とはいえいまは真夏。日本でも夏休み取る人が出てくる時期で、通勤も通常よりは減ってないかと実感できる状況では、夏枯れ相場で取引も少ないでしょうから慌てない方がいいんじゃないかと。

夏枯れ相場を抜けた後上がるか下がるかは9月は分配金の金額も多い月ですし、配当再投資にもいいタイミングかなと。

最高値から2割下落したら第1弾をぶっ放す


上半期の株価の上昇ペースは結構オーバーな印象でしたので、ストリートファイターⅡにおいて猛威を奮った斜め下でしゃがんだ状態を維持する「待ちガイル」戦法がピッタリな時期かなと。

待ちガイルが有名ですが、格ゲーはやりこんでないのでわかりませんけど、鉄拳、バーチャファイター、キングオブファイターズ、闘神伝、ギルティギアあたりにも似たようなキャラいそうですけどね。

配当再投資を9月に元々やる予定でしたし、株式の比率が目標の5割に近づいたら株式に投資しようかなと。

昨年12月末が最高値から20%くらい下がったところでしたし、弱気相場入りも最高値から20%下落といわれてますので、そこまでなったときに貯めた配当分の第1弾をぶっ放そうとも考えています。それもさらに下がるの想定で遂次投入の1弾目です。

この方針や9月まで待ちガイル戦法が当たるかどうかはわかりません。

ただ、まがいなりにも運用を8年ぐらい続けてきて、短期の上げ下げに反応しすぎてもあまり意味ないと実感してきましたし、求めることは5年後、10年後に確実に資産を増やしておくこと。

慌てず騒がず、種まきをぽつぽつやりながら好機が来るのを待ちたいですね。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2140-d840ebb4
該当の記事は見つかりませんでした。