fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > オススメ本 > 投資関連本 > ウーバーランドはアルゴリズムで評価が変わるUberの働き方の実態が見える一冊
投資関連本

ウーバーランドはアルゴリズムで評価が変わるUberの働き方の実態が見える一冊

uberland-20191022.jpg

最近通勤で使う駅の周辺でUberのバイクをよく見かけるようになりました。

先日は自転車で運んでるのも見かけるようになってきましたので、Uber Eatsはエリア拡大してきてるなと思いますね。同時に色々とネット上で騒動になりそうな例も見られますが。

そんなUber EatsのUberに関しては2013年にトライアルサービスが開始されて、2015年に福岡市で民間人による自家用車での送迎サービスが開始されたものの「白タク」行為に値すると言うことでサービス中止に。

現在もアメリカやカナダのような本格的な稼働に至ってません。

そんなUberの実情に関して書かれたウーバーランド(Uberland)を読みました。

著者のアレックス・ローゼンブラッドはデータ・アンド・ソサイエティ研究所の研究者で、学術専門誌でも論文が多く公開されています。

この本はシェアリングエコノミー万歳という本でもなく、ましてやいろいろやらかしてる創業者のトラヴィス・カラニックの伝記でも無く、Uberのドライバーに焦点をあてています。

働き方が変わってきている中でのUberのドライバーの様子とアルゴリズムが労働を管理する様子はいろいろと考えさせられるモノがありました。

スポンサードリンク

運転が趣味だったり、パートタイムにとってギグ・エコノミーとしてはいいが・・


本の中でいろんなドライバーへのインタビューが載っていて、各地方(カナダ含む)をくまなく取材しているのは素晴らしいかと。

その中で、Uberを素晴らしいと賞賛するものから、Lyftと兼任していてUberに対する批判を堂々とするものまであります。

おもにタイプを分けると3種類になります。

  • 趣味としてやっている
  • パートタイム
  • フルタイム

このうち趣味の運転や会話を楽しんでいるタイプ(リタイア、セミリタイア系もどちらかというとこちら)とパートタイムの労働者にとってはちょっと稼げるという意味では悪くない選択肢なのかなという印象を持ちました。

一方でフルタイムの労働者にとってはメールを送るなどしてウーバーのコミュニティサポートの代表に訴えるしかない状況。

さらに、Uberは、ドライバーを自社のソフトウェアのユーザーと扱ってるんですね。

労働者がユーザーという扱いというのは、フルタイム以外の働く側としても不安が残るのではないかと思います。

その辺を対抗のLyftはカバーしているようですが、Uberの方が配車の依頼の数は多いなど差もあるようです。

ドライバーにとっての上司はアルゴリズム


Uberはドライバーの募集に対して「ドライバーは自分自身の上司になれるアントレプレナーだ」というのですが、労働状況を管理しているのはアルゴリズムなんですね。

評価もドライバーと客の互いの評価を行い、片方が低評価の場合配車のマッチング対象から外すなど可能なわけですが、ドライバーにとっては低評価がそのまま残ってしまうようです。

その影響でドライバーはモンスター客に対しても強く出れないという問題もあるので、上司ではなく、アルゴリズムとかスコア評価が判定基準になっても難しい面があるかなと。

さらにUber側に有利になるような偏見が組み込まれた一定のルールに従って配車依頼の仲介をしているのを見ると、一種の怖さを覚えます。

今日は大晦日だから配車の依頼が一杯あると通知しておいて、実際は依頼が少ないということもあったそうですし。

日本の場合、わたしのように有能じゃないのに関係者ともめ事起こさないタイプと有能だけど対人トラブル&暴言ありの人間の評価が等価だったりするのはどうなのかなと自分の周りを見ても思うものです。

といっても後者が偉くなった後に、対人トラブル起こすリスクも考えてのものでしょうけど。わたしを上司にしても仕事を回せないリスクもありますがw

いずれアルゴリズムやスコア評価が人事に取り入れられてくのでしょうけど、いざそうなったときにどういう問題が起こるのかをこの本は示唆しているように思いました。

Uberが唱えるテクノロジー例外主義


Uberは自社の認可をもらうために政治的な根回しも起こっているのですけど、同時に州によっては規制で排除されてますけど、その際にUberが唱えてるのは以下のようなテクノロジー例外主義です。

  • Uberはテクノロジー会社なので、同業種のライバルや前任者に適用される規制や法律は、自分たちには当てはまらない
  • 都合の悪い規制を回避する試み多数
  • Uber曰く「福利厚生を軽減する略奪的な資本主義の根幹として非難されていますが、実際は、一般市民により経済的なチャンスを与え、生活を向上させることを目指す、シェアリングの社会主義的プロジェクトなのです」

Amazonは顧客中心主義ですが、実態はブラックだという告発が多くありましたけど、Uberはそれ以上になにか薄気味悪さも兼ね備えてる印象を持ちました。

少なくとも他国で展開を進めていく中で、日本でも先行しているUber Eats含めて進出をしてくる可能性は高いでしょう。

今後のアルゴリズムで管理される働き方を考える上でも、シェアリングエコノミーの負の側面を知る上でも有意義な一冊だと思います。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2218-3ea1905f
該当の記事は見つかりませんでした。