FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 国内株式 > 野村アセットマネジメントは量子コンピュータの活用で実務課題の解決に取り組んでいる
国内株式

野村アセットマネジメントは量子コンピュータの活用で実務課題の解決に取り組んでいる

quantum-physics-4550602_1920.jpg

グーグルが次世代のコンピュータと言われる量子コンピュータで、従来のスーパーコンピュータの性能を超えの性能を達成したのが先月話題になりました。

グーグル量子コンピュータでスパコン超え性能「量子超越性」を達成。一般人の私達が抑えておくべきポイント。 | YUTAの米国株投資ブログ

グーグルは次世代のコンピュータと言われる量子コンピュータで、従来のスーパーコンピュータの性能を超えの性能「量子超越性」を達成したと科学誌ネイチャーで発表しました。スーパーコンピュータで10,000年かかる計算を量子コンピュータを使ってたった200秒で解いた模様です。このニュースで抑えておくべきポイントをまとめます。

量子コンピュータが解ける問題を解いてのものですので、注釈付ではあります。

しばらくは既存の京などのスーパーコンピュータ、GPUなどとの併用になると思います。

とはいえ2020年代間違いなく発展する技術ですので、このままGoogleがトップを走るようなら新たな収益源となるでしょう。

で、基本的に量子コンピュータって何に使うの?という意味で先行事例はないかということで、「量子コンピュータが変える未来」を読みました。

入門書としてはできる限り数式を書かないで説明されていていいと思いますね。ちなみに寺部氏、大関氏はともに30代。こういう研究者にお金を回すようにして欲しいですね。

一部異論もあるカナダのD-Wave Systemsを使用していて、活用事例が書かれているのですが、野村ホールディングスと野村アセットマネジメントも2018年から量子コンピュータを活用した実務課題の解決に取り組んでいるそうです。

取り組んでいる内容を読んでいて、日本や海外の金融機関も活用するならこういう形だなと。

スポンサードリンク

野村ホールディングスと野村アセットマネジメントが量子コンピュータを使ってやろうとしていること


野村ホールディングスと野村アセットマネジメントは金融が身近になる社会において、社会形成の基盤になることを量子コンピュータに期待しています。

金融機関が扱っている膨大な情報を処理しきれるシステム基盤の1つとして量子コンピュータを活用してみようということになったそうです。

量子コンピュータでやりたいこと、検討していることに関して以下の例を挙げていました。

  • 様々な家計簿で記録されたデータを掛け合わせて、生活者の個別性をうまくとらえて将来設計のヒントを共有する。
  • M&Aの提案や企業間の組み合わせから最適化問題として解く
  • ポートフォリオ分析
  • リスクとリターンを組み合わせて顧客の求められるポートフォリオを運用する。
  • ファンドマネージャーの投資判断に役立てる。
  • 全体の取引の流れを勘案した取引の予測

0か1かと2ビットから量子コンピュータでは情報の持ち方が0と1が重ね合わせになることで、持てる情報も多くなって計算量も格段に大きくなるわけです。

もちろん計算する対象に向き不向きの条件はありますけど、目指すところはライフプランから資産管理までをまとめて行うサービスなのかなと思いました。

量子コンピュータの技術が確立されると、投資+貯蓄+家計簿+ライフプランのサービスというのも登場する可能性は高いんじゃないかと考えます。

フィンテックと絡めていくと金融サービスの需要はこの辺になってくでしょうし、大手銀行も生き残りを考えるならばこの分野に参集してくるんじゃないでしょうか。

超高速トレードにも使われるようになるかも


量子コンピュータの活用についてインタビューが載っていた企業は、リクルート、デンソー、京セラ、メルカリ、ナビタイムジャパンとかなので、就活&婚活、工場、物販、公共交通あたりへの応用は可能でしょうし、比較的実現するのは早そうだと思いました。

ナビタイムジャパンの最適化ルートとかほんと欲しいですし。

で、これ以外の活用例としてはフラッシュボーイズを読んでまだそんなに時間が経ってないので、超高速取引を行うとかもあるかなと。

フラッシュ・ボーイズを読むと超高速取引は不公平で割に合わない - 関東在住福岡人のまったり投資日記

読みたいと思っていた本はあるのですけど、流石にすべてを買うというわけにもいかず、図書館でもカバーしきれない本もあります。ただ、最近は文庫本だけではなく漫画版も出るようになってそれでカバーというケースも今後は増えてくのかなと。まさかバビロンの大富豪の漫画版出てるとは思いませんでした。..

実際、世界最大手のヘッジファンドであるブリッジ・ウォーターはレイ・ダリオがスーパーコンピュータを使ってることを著書に書いてるわけですから、資産運用とは毛色の異なるヘッジファンドや超高速取引にも使われるでしょうね。


それが新たなフラッシュクラッシュを産むという可能性もあるかもしれませんが・・

ともあれ資産運用や投資を量子コンピュータは変える可能性があると考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2238-f74b2d57
該当の記事は見つかりませんでした。