FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > インデックスファンド > 野村7資産バランス為替ヘッジ型 > 10月ほどではないにしろ、過去2番目の試算流入。野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2019年12月編
野村7資産バランス為替ヘッジ型

10月ほどではないにしろ、過去2番目の試算流入。野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2019年12月編

funds-i-7hedge.png

本シリーズは野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク

野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型資産推移


funds-i-7hedge-20191203.png

資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6、先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9です。

運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。基準価額は15165円→15232円と微増でした。

総資産は120.4億→127.6億と7.2億増加しました。

10月は債券やREITも上昇したので、基準価格の上昇も寄与して10億以上の増加となりましたが、11月は基準価格は微増にもかかわらず試算流入は過去2番目に多い。

直近半年で急激に試算流入しているので、グラフが異様に傾いてる状態です。

SBI証券ではレバレッジ型を除くと月間で3番目の人気


ここまで資金の流入があるということは、ネット証券でも人気が顕著になってきているのか?ということで、SBI証券で販売金額人気ランキングのバランス型で見てみました。

SBI-balance-week-20191203.png

11月末の週間も月間もグローバル3倍3分法とeMAXIS Slimの8資産均等型のバランス型ファンドが1位から3位をしめていますけど、野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型は週間で7位、月間で5位となっています。

SBI-balance-monthly-20191203.png

少なくとも従来のeMAXIS8資産バランスやiFreeの8資産バランスといった純資産規模で上回っているファンドよりも人気がある状況で、SBI証券のレーティングでも5つ星。

1年のトータルリターンもeMAXIS Slim8資産バランス型よりもパフォーマンスがいいので(債券とREITの上昇が効いていると思われる)、その点も人気を惹きつけているのかもしれません。

これだけレバレッジ型が上位になると逆に為替ヘッジとかかけてリスクを下げる運用したいと考える人もいると思います。

その意味で「野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型」で為替リスク低減できるというのが、逆に目立っちゃってるのもここのところの資金流入の要因かもしれません。

この状況ならばもしかすると「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」で20位以内の返り咲きもありえるかもしれません。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2256-5a197dd7
該当の記事は見つかりませんでした。