FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます
海外ETF

2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます

bornus-HDV-VIG-20191207.jpg

ボーナスの評価に関してはまだですけど、大まかな金額は判断がつくようになったので(成績的に悪い方がないのは部の業績的にも確定)、投資用の口座に予測金額の9割分移管しました。

ということで今週木曜金曜とぼちぼちですが投資を始めています。

先週時点で金額は1ドル109.5円で計算していましたけど、今週入って108円台に逆戻り。ドルで配当再投資するぶぶんもありますけど、想定よりも余ったら余分に買うかもしれません。

さて、債券部分は適格社債→新興国債券に変えることにしましたが、株式部分は今週考えました。

2019冬のボーナス枠の投資で新たに新興国債券ETFに投資します - 関東在住福岡人のまったり投資日記

明日から12月ということで、海外ETFを使った冬のボーナスの投資をどうしようかと今週検討をしました。ちょっと円安方向なので、やや高めに見積もって1ドル110円で計算しているんですけど、債券も株式も6月と比較して上昇している状況。...

これだけ株価が上がっていると怖さがありますけど、タイミング当てれるなら雇用統計が発表される前に買ってるでしょうから、ルール通りにした方がいいかなと。

ということで株式部分に関してはコア部分はいじらず、実験枠でいろいろと試すことにしました。

スポンサードリンク

株式はHDVとVIG中心で8割、残り2割で実験枠に投資


株式のコアの部分はiシェアーズ・コア米国高配当株 ETF(ティッカー:HDV)とバンガード米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)で、昨年はこの2本で投資の9割を占めていましたが、今年から8割に減らしました。

株価下落時に耐性がある印象なので、引き続き株式のコアとして8割で行きます。

  • iシェアーズ・コア米国高配当株 ETF(ティッカー:HDV)
  • バンガード米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)

とはいえ下落耐性あるといってもiシェアーズ・コア米国高配当株 ETF(ティッカー:HDV)が100ドル見え始めてる状況で、流石にここまで簡単に上がるのは怖さを覚えます。

VIGに関しても同様ですけど、これがリーマンショック級が起きたときに、前回同様の下落耐性があるのかというと若干不安を覚えます。

仮に株価が数10%さがったとしたらノーダメージとはいかないでしょうから、厳しい見立てぐらいで考えておきたいです。

で、残りの2割はというと実験枠的なサテライト枠としていろいろと分散に使おうと思います。

サテライト枠としてVDC、VHT、VIGI、VYMI、MTUM、EWL、EIS、REETに投資


これまで重点セクターとして投資してきた生活必需品セクター(VDC)とヘルスケアセクター(VHT)も含めてサテライト枠に含めて投資をすることにしました。

投資をするETFは以下の8本です。

  • バンガード米国生活必需品セクターETF(ティッカー:VDC)
  • バンガード米国ヘルスケアセクターETF(ティッカー:VHT)
  • iシェアーズ・エッジMSCI米国モメンタム・ファクターETF(ティッカー:MTUM)
  • iシェアーズMSCIイスラエルETF(ティッカー:EIS)
  • iシェアーズMSCIスイスETF(ティッカー:EWL)
  • バンガード・米国外増配株式(ティッカー:VIGI)
  • バンガード・米国外高配当株ETF(ティッカー:VYMI)
  • iシェアーズ グローバルREIT ETF(ティッカー:REET)

サテライト枠としては実験的に重点セクター、重点ファクターのモメンタム、そして米国外分の投資とREITという形です。

残り2割を使うので口数も少なめですけど、今年4月から投資を始めたサクソバンク証券分含めて積上げていければなと。

VHTに関しては来年アメリカ大統領選挙で政策的に共和党側も医療絡みは出てくるでしょうから、来年が狙い目だと思うので極めて控えめに買っています。

分散を意識しているので8本のうちVIGI、VYMI、REETの比率を大きくします。

2年前の今頃のビットコインのようにイキってる人間は見かけないのでバブルかというとここまで疑問視する人がいる間は下がらない可能性もありそうな印象なのですけど、注意は必要かなということで米国株以外にも投資します。

米国外も株価が不調ならば下がるでしょうけど、リーマンショック後10年のアメリカ一人勝ち状態が再現しない可能性にもヘッジしておくという側面が強いです。

悪い方に転ぶ可能性もありますけど、2割のサテライト枠ですから実験的に今後も新しいETFなどを実験的に組入れて行こうと考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2262-da4b6e91
該当の記事は見つかりませんでした。