FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > HDV > 先週水曜にiシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)を購入しました
HDV

先週水曜にiシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)を購入しました

iShares-core-High-dividend-HDV-20191218.jpg

先週、月火水と投資を行いましたが、火曜日までに2割の予定のサテライト投資枠分を完了しました。

2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ボーナスの評価に関してはまだですけど、大まかな金額は判断がつくようになったので(成績的に悪い方がないのは部の業績的にも確定)、投資用の口座に予測金額の9割分移管しました。...

ただ、残りは債券分と株式のコアになってるHDV、VIGが残った状態でした。

12/13までに米中貿易戦争とイギリスの選挙の結果が判明した後に株価が一気に上昇、円安か円高に振れる可能性がありましたので、水曜日中にさっさと買っておこうかなと。

で、株式のコアとなるHDVとVIGどっち買うか?

それならボラティリティが低そうなHDVの方かなということで購入しました。

スポンサードリンク

相場がピークに向かいそうな気配の時こそ、変わりのきかなそうな企業に投資する


2018年2月の下落以来冴えなかった、新興国株や小型株にも資金が流入する兆しが見えていますし、債券も株価も高いって状況は、近いうちに株価が下がる可能性は高まってるかなと。

むしろ、割安な株に資金が流入するのってピークアウトが近い可能性もあるんじゃないかと思いますが。

一方で、みな警戒感が強いのでなかなか下がらないというのもあるかもしれませんが。

とはいえいま株価に対してマイナスの要素が2つくらいプラスになったとしても、日中貿易戦争にしろ、イギリスとEUの問題にしろ、中東情勢にしろ、北朝鮮情勢にしろ火種はくすぶっているわけです。

今年平穏に終わったってことは、逆に変動要因が起きたときにマイナスの方向に大きく動く可能性はあるんじゃないかと。

株価が上昇し続けていて、次の下落に備える場合にどういう銘柄に投資した方がいいかというと、日本だろうがアメリカだろうが、それ以外の国だろうが「変わりのきかなそうな企業や同じメーカーの商品を買い換える必要があるものを作ってる企業」だと思います。

まぁ、その視点だとフェイスブック除いたGAFAとマイクロソフトはその領域に入ってるとも言えますけど。

「変わりのきかなそうな企業や同じメーカーの商品を買い換える必要があるものを作ってる」企業が多いという意味で、iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)は悪くないんじゃないかと。

HDV-holdings-20191218.png

GAFA系は株価上がりすぎですし、ボラティリティも高いので個人的には現状手を出したいと思わない対象ですし、資産がある程度積み上げれた段階ではボラティリティは抑えたいと考えています。

その意味で、HDVに期待したいので半年に1回たんたんと投資しています。

地味にAT&Tが復活したりしてますけど、5Gがアメリカで始まった現状強いと思います。5G絡みでおそらく今後10年でテレビが一番大打撃を受けると思います。

その影響を回避するにはディズニーのようにコンテンツ持ってる企業か、AT&Tやベライゾンのような企業じゃないかと。

仮に株価がピークから数十%下がった場合は、対象を考えますけどしばらくは守りに重点を置いたETFを重視したいと考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2273-a9933fdb
該当の記事は見つかりませんでした。