FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 純金積立の報告書が来たので、金関連ETF(GLD,IAU,GDX,GDXJ)の状況を確認
海外ETF

純金積立の報告書が来たので、金関連ETF(GLD,IAU,GDX,GDXJ)の状況を確認

GLD-IAU-GDX-GDXJ-20200209.jpg

金への投資に関しては、必要or不要論がありますが、個人的には組み入れたほうがいいという考えではあります。

債券と株式が両方崩れた時期はありますし、債券とも相関性が低いという意味ではありと考える資産です。

ただし、レイ・ダリオの「オールウェザー・ポートフォリオ」ほど組み入れたいかというとそれはないですね。


ここ20年金価格がかなり上昇していて、1980年代にアメリカのインフレが収まった後大きく下落したのを見ると数%でいいのかと思いますね。

とはいえコモディティの中では一番信用していいかと考えています。

先週、今年も純金積立の報告書が届きましたので、このタイミングで金鉱株も含めて金関連のETFの価格を調べてみました。

ちなみに金の運用報告書の中に今年の相場の展望が書いてありましたが、「過去の金価格高騰時と同じ既視感ある状況が展開されそうな予感」だそうです。

スポンサードリンク

純金積立収支


まず純金積立のパフォーマンスをまとめてみました。

2017年12月末平均取得価格 4811円(円/g)
2018年12月末平均取得価格 4844円(円/g)
2019年12月末平均取得価格 4906円(円/g)

平均取得価格はわずかに上昇。

2018年1月26日時点金価格 5171円(円/g)
2019年1月23日時点金価格 4919円(円/g)
2020年2月7日時点金価格 6,122円(円/g)

金価格は昨年同時期から1000円以上跳ね上げている状況です。

平均取得価格と現時点での金価格から現時点での金投資の運用状況見ると+20%を超えています。

流石にできすぎですし、1年での価格の上昇が急すぎてどこかで反転もあるんじゃないかと思うんですがね。

有事のときにポートフォリオの組込み効果を期待していますが、ちょっとこの状況で本当に効果を発揮するのか?と個人的に微妙に思える面もあるかと考えます。

金関連のETF(GLD,IAU,GDX,GDXJ)の値動きを確認


では、金関連のETFはどういう動きなのでしょうか?

金関連のETFに関しては主なものとしては以下のETFが上げられます。

    SPDRゴールドシェア(ティッカー:GLD)
    iシェアーズ ゴールド・トラスト(ティッカー:IAU)
    マーケット・ベクトル・金鉱株ETF(ティッカー:GDX)
    マーケット・ベクトル・中小型金鉱株ETF(ティッカー:GDXJ)

とりあえずiシェアーズの金ETFであるIAUも追加してみました。

まず過去1年で金鉱株ETF含めて見てみましょう。

GLD-IAU-GDX-GDXJ-1y-20200209.png

株価だけでなく債券も大きく上昇した1年ですが、金ETFも20%近く上昇。金鉱株はそれ以上に上昇しています。

小型株よりも普通の金鉱株の方が上昇しているのは意外ですね。

と、この1年だけ見たら金鉱株を金の代わりに・・と考えてもおかしくありません。

GLD-IAU-GDX-GDXJ-10y-20200209.png

ところがこの10年で見るとこの惨状な訳で、金鉱株を勧める人も見かけますが、個人的には組入れる必要はないと考えます。

金ETFですらかこ10年でこれだけ変動しているわけですし、金鉱株ETFは余りにもボラティリティが高すぎてそれは金に期待する役割だと思いませんし。

EUが火を噴いていた2011年頃の再現はなかなかないかと思いますが、政治的な問題は欧州と中東でくすぶっているのを見ますと、今後金価格の上昇の可能性はそれなりにありそうです。

とはいえこの10年で見ると債券よりもボラティリティは高いので、個人的には数%、多くて5%程度で問題ないのではないかと考えます。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2328-babc2a69
該当の記事は見つかりませんでした。