fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 直近1ヶ月の米国市場ではQQQ(NASDAQ100)に資金が流入しているが、それ以外で流入が目立っているのは債券ETFばかり
海外ETF

直近1ヶ月の米国市場ではQQQ(NASDAQ100)に資金が流入しているが、それ以外で流入が目立っているのは債券ETFばかり

dollar-1362243_1920.jpg

ナスダック総合指数が10000ポイントの節目を突破したわけですが、NASDAQ指数を構成するFANGなどの企業の株価も好調な傾向が続いています。

先月、米国市場でのETFの動向を調べましたが、NASDAQのヘルスケアへの資金の流入が目立っていました。

直近1ヶ月の米国市場のETFの動向を調べてみたが、4月とは異なりヘルスケア(XLV)への流入、新興国株からの流出が目立つ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

NYダウの最高値が2/12ですからそこから3ヶ月近くが経過しました。コロナに関しては韓国や台湾だけでなく日本も含めて東アジアでは収束傾向が見られますので、ここから経済が再開される過程においてどれだけ影響が顕在化してくるかが今後の鍵となるでしょうね。...

NASDAQの好調な状況が1ヶ月経っても好調なまま6月になりましたが、米国市場の動向はどう変化したのか?

ということで直近1ヶ月の動向と、NYダウが最高値つけた後からの4カ月の米国市場のETFの動向をまとめてみました。

スポンサードリンク

2020/5/12~6/11 1カ月間の米国籍ETF資金流入トップ10


まずは直近1カ月間の米国籍ETF資金流入トップ10を見てみましょう。

ETF-creations-1m-20200615.png

NASDAQ100指数に連動するQQQは3番目に流入が多いのですが、よく見ると10番目以外は全て債券ETF。

とくにFRB買い入れがあったハイイールド債ETFはHYG、JNKともにランクイン。

社債もLQD、VCIT、VCSHと3本上位に来ていますが、同様に米国総合債券ETFのAGG、BNDも両方とも上位です。

4月まではS&P500も入ってたのですが、5月に続いて流入の上位に来ていません。

2020/5/12~6/11 1カ月間の米国籍ETF資金流入トップ10


では逆に流出の方はどうなってるのか?

ETF-redemptions-1m-20200615.png
短期債ETFのワンツールではありますが、S&P500のETFが3番目だったりします。

EFAやIEFといったものは代替のETFへの以降があるのでしょうけど。

株価が好調な影響でしょうか、SPDRの生活必需品セクターETFのXLPが9番目に来ています。

NYダウ最高値の2020/2/12~6/11 の米国籍ETF資金流出入トップ10


直近1ヶ月を見てきましたが、では株式が下落を始めた直近4ヶ月だとどうなるのか?

ETF-creations-redemptions-4m-20200615.png

流入で見ると適格社債のLQD、NASDAQのQQQ、金の順番。この期間で見るとVOOやVTIも上位に来ています。

一方流出はコストも関係しているかもしれませんが、新興国関連とS&P500が目立ちます。

新興国の流出はコロナショックの影響でしょうが、S&P500よりもNASDAQの方が選好されている傾向もあるように見えます。

それにしても株価があれだけ下がったのに、米国長期債の指標であるTLTがランクインしているのは意外でした。

NASDAQと社債の好調ぶりが際立ってきましたが、とくに社債はリーマンショック以来増えているギリギリ適格社債の格付分はちょっと怪しさを醸し出している印象があるので注意して動向を見ようと考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2458-8edc48eb
該当の記事は見つかりませんでした。