FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 6/18時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました
海外ETF

6/18時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました

map-3260506_1920.jpg

世界各国のPER、PBRをまとめて3ヶ月経ちましたが、個人的に調べていて新しい発見がありますので、毎月まとめていこうかなと考えています。

5/14時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

東アジアではコロナ収束傾向が鮮明になった国が増えてきていて、感染者数が桁違いの欧州でも経済再開に向けて舵を切る国が増えてきています。一方で、新興国で感染者が広がりつつある傾向もあるのは気にかかるところですが。...

個人的にはiシェアーズにはない国、例えばナイジェリアとかエジプトとかベトナムあたりの国も含めていきたいなと考えてるのですが・・

いかんせん仕事が忙しくていまは元気がないので、今月は無理ですがいずれ対応できればと。

というわけでiシェアーズの各国のETFを使って、世界各国のETFのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)を調べてみました。

スポンサードリンク

世界各国のETFのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)


数値は前回調べた5/14時点と6/19時点のETFのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)となります。

ティッカーPER(5/14)PBR(5/14)PER(6/19)PBR(6/19)
アメリカIVV18.962.9521.073.29
日本EWJ13.301.1716.281.29
ブラジルEWZ9.721.4911.991.84
中国MCHI12.101.3514.121.67
インドINDA19.312.4419.462.55
韓国EWY12.590.8113.990.91
台湾EWT15.211.5816.201.68
イギリスEWU14.481.3715.701.47
カナダEWC11.341.5412.121.71
ドイツEWG11.211.2913.141.53
香港EWH11.971.0812.721.13
オーストラリアEWA14.651.6616.391.90
スイスEWL19.092.5020.612.57
スペインEWP10.160.8312.621.08
フランスEWQ14.561.2816.601.49
メキシコEWW12.181.5013.141.60
サウジアラビアKSA15.521.5617.091.71
ロシアERUS5.880.836.000.84
シンガポールEWS9.940.9811.101.06
チリECH11.930.9912.921.12
タイTHD13.631.5314.461.66
インドネシアEIDO11.511.4013.381.72
マレーシアEWM15.521.4216.971.55
南アフリカEZA11.941.5013.021.62
イタリアEWI10.920.9013.171.08
トルコTUR6.970.937.720.99
ポーランドEPOL10.380.8411.430.92
オランダEWN17.031.9418.482.12
スウェーデンEWD11.231.7112.611.97
フィリピンEPHE11.661.3813.051.53
ニュージーランドENZL21.832.2524.552.43
ペルーEPU12.161.2412.841.39
イスラエルEIS13.301.4113.471.49
オーストリアEWO7.450.798.250.88
アイルランドEIRL11.241.0413.821.10
UAEUAE8.390.728.520.82
デンマークEDEN21.842.8823.072.86
ベルギーEWK12.921.3413.881.46
フィンランドEFNL18.481.7620.241.95
コロンビアICOL8.390.758.720.76
ノルウェーENOR15.161.3416.091.48

感染者がじりじり復活しつつありますが、経済が正常化しつつある先進国が増えている一方で、新興国は感染者数の増加が目立っています。

その中で、株式は世界的に上昇傾向でPERもPBRも5月から大きく改善しました。

アメリカやスイス、フィンランドあたりもPERが20を超えてきました。

感染者数がなかなか減らない国も増えてる一方、欧州はサッカーが再開されてきてますので、正常化するという期待もあるかもしれません。

景気指標悪い数値が出てきても、最悪の状況を脱したという空気があると株価にそういう空気が反映されるのもあるんじゃないかと考えます。

米国外先進国、新興国、全世界


では、米国外先進国、新興国、全世界で見るとどうかというと5/14時点が以下の通り。

    iシェアーズ・コアMSCI EAFE ETF(ティッカー:IEFA) PER:13.90 PBR:1.35
    iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット ETF(ティッカー:IEMG) PER:12.28 PBR:1.32
    iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ティッカー:ACWI) PER:16.28 PBR:2.00

これが6/18時点では以下のようにさらに改善している。

    iシェアーズ・コアMSCI EAFE ETF(ティッカー:IEFA) PER:15.79 PBR:1.49
    iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット ETF(ティッカー:IEMG) PER:13.59 PBR:1.50
    iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ティッカー:ACWI) PER:18.30 PBR:2.24

新興国よりも先進国が牽引している印象です。

これから労働形態とかいろいろとコロナ契機に変っていくのでしょうけど、基本的にはそれでも10年前20年前と比べて便利になってるのは間違いないでしょう。

スティーブン・ピンカーの21世紀の啓蒙で書かれていたように、ネガティブな情報が目立つ中でもポジティブなことに目を向ける必要はあるかなといまは考えています。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2463-3a8e966d
該当の記事は見つかりませんでした。