FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > インデックスファンド > 野村7資産バランス為替ヘッジ型 > 株式市場が冴えなかった影響か?野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2020年10月編
野村7資産バランス為替ヘッジ型

株式市場が冴えなかった影響か?野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2020年10月編

funds-i-7hedge.png

本シリーズは野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク

野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型資産推移


funds-i-7hedge-20201005.png
資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6、先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9です。

運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。運用開始時からの資産推移額をグラフにしております。

基準価額は直近9ヶ月で15407円→14589円→12608円→13342円→13842円→13882円→14033円→14469円→14383円と上昇が続いていたのがストップした感じ。

総資産は151.8億→153.1億で+1.3億と過去最高を更新したもののやや頭打ちでした。

Funds-iシリーズ直近1ヶ月のパフォーマンスで見ると、プラスなのがFunds-i 外国債券・為替ヘッジ型とFunds-i 国内債券のみという状況です。

そんな中、Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型は微減だった日本株の組入れ比率も高いとは言えその影響は受けたかなと。

パフォーマンス悪かったのが外国株式のヘッジ型とヘッジなしで逆ワンツーでしたし。

一応、Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型は25本のファンド中9番目と悪くはないのですが。

SBIのバランス型ランキングだと9月は10位内に返り咲き。

SBI-ranking-balance-20201002.png
直近1年マイナスな状況下では踏ん張ってると言えるでしょう。

それにしてもここ最近このランキングで上がってきてる「One-投資のソムリエ」は、コストも高く分配金も半期に1回出してるファンドですけど、レバレッジ型がランクインしている中でも異質だなと思いますね。

「主に国内外の公社債、株式および不動産投資信託証券(リート)に実質的に投資し、それぞれの配分比率を適宜変更します。」とありまずが実態はどうなってるのかちょっと調べてみたくなりました。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2564-952fe7e6
該当の記事は見つかりませんでした。