FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > セミリタイア > 人生を最適化するようお金を使う場合、45歳から60歳の間に資産のピークに達する
セミリタイア

人生を最適化するようお金を使う場合、45歳から60歳の間に資産のピークに達する

965607_s.jpg

個人的に節約→投資という流れを続けておりまして、それとは異なりお金をいかに使うかを説いた「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」の内容は興味深かったですね。


年齢に合わせて「金、健康、時間」を最適化することと経験に金を使うことは40代が見えてきただけにほんとよく考えないといけないなと思ってるので、余計に考えさせられましたね。

で、個人的にもう1点印象に残ったのは「資産のピークがいつになるか」という点。

著者のビル・パーキンスは45~60歳が資産を取り崩すポイントと提唱します。

この定義ってセミリタイアとかFIREとも相性がいいと思うんですよね。

スポンサードリンク

45~60歳が資産を取り崩すポイント


死ぬときに資産ゼロを目指すという上で、最適化を考えると最適な資産のピークは45~60歳にする方がよく、以下の図の通り45歳から60歳の間で取り崩し始めるのが最適と説いてました。

DIE-WITH-ZERO-45-60.jpg

個人的にこの考え方でネックとなるのは子供がいるという条件になった場合、45歳頃は住宅ローンや養育費どうすんのかなという疑問点は残りました。

加えて20歳で収入上げることに集中して、30代と45歳までで資産築いて取り崩しは、なにかイレギュラーなことが起こると一瞬で終わる可能性があるのでどうなのかなと思うところはあります。

一方で、アーリーリタイアやセミリタイアを考える上では取り入れたいなと。

結局、アーリーリタイアやセミリタイアの場合、当然資産を増やし始めるのも20代からとかの場合が多いので、それで速く到達して、45歳頃までは減らさないようにピークを維持。

徐々にダウンシフトして、45歳過ぎたら働く日数減らすという選択肢もありなんじゃないかと。

実際ギグ・エコノミーともてはやされたこととFIREムーブメントの相性はそれなりにいいものだと思いますし。

いくらバブル臭がする相場とはいえ、30代の間にここまで増えるとはという資産額にはなってきた現状、45歳から60歳の間に資産のピークを持ってくるっていうのは、区切りまで10年が切ったと考えると励みになります。

まぁ、仕事が今後楽しくなれば変わるのでしょうけど、ほんと1割から2割のやりがい以外はストレスと苦痛しかないので変わらない可能性が高そうですけど。

ともあれ資産を増やすことと使うことに関してはこれまで以上にバランスを考えたいと思っています。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2627-fc668dfd
該当の記事は見つかりませんでした。