関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 海外ETF > 米国原油価格下落でエネルギー系企業も下落?
海外ETF

米国原油価格下落でエネルギー系企業も下落?

昨日の記事でちらっと書きましたが、iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF (IXC) がかなり下がっております。

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認9月編

中東情勢は相変わらずイラクやシリアでくすぶっているので、普通はエネルギー価格上昇しておかしくないと思うのですが。日本でも円安が進んでいるのに原油価格のニュースを最近みた記憶がありません。

米国の原油価格はWTIというものがあり、yahoo financeでETFやらと比較ができました。試しにグローバルエネルギー系ETFのIXCとS&P500で比較してみました。

上近10年、下近1年

WTImax.png
WTI1y.png

近10年で見ると、原油価格が下がるとIXCが下がっているのがわかります。しかし近1年で見ると関連性は余りないように見えますね。もっともここ1カ月の下落は連動して下がっていっているようです。

スポンサードリンク
ではここ1年の個別株の値動きはどうなっているのか?IXC上位の以下の企業とWTIを比較してみました。

  • EXXON MOBIL CORP(XOM)
  • CHEVRON CORP(CVX)
  • BP PLC(BP)
  • CONOCOPHILLIPS(COP)

XOM1y.png

全体的にじりじり下がってますね。特に下がっているBPはメキシコ湾での原油流出事故の影響を受けているようです。原油価格下落中に買うのはありと思いますが。配当も高いですし。

ただし、ジム・クレイマーの本には、「代替エネルギー手段ができるまでは石油株は有望」という記載がありました。今後のエネルギーがどうなるかといわれると、まだしばらくは石油が重要だと思うんですがね。

石油が枯渇すると言われてた時期は当初よりも先に延びてますし、これらの企業が将来のことを見こして新しいエネルギーの研究を行っていないとは思えないんですが。

ただ、新しいエネルギーという意味でシェールガス関連は住友商事が大損していましたが、アメリカの企業でも大損をしている企業があるようです。
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/263-6a757069
該当の記事は見つかりませんでした。