FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > リスク資産のコアになってるバンガード米国増配株式ETF(VIG)に投資しました
バンガードETF

リスク資産のコアになってるバンガード米国増配株式ETF(VIG)に投資しました

VIG-vanguard-ETF-20201219.jpg

先週からぼちぼち半期に1度の大きく投資する方針に従い投資し始めていましたが、今週で12月分をほぼ投資しました。

残り含めて現状確認と整理の意味で記事は分けていこうと思います。

まぁ、このタイミングで投資はどうかと思うところはありますが・・

アメリカも金融緩和を長い期間続けるようですけど、日本レベルならまだしも欧米レベルのコロナの状況でなんで株価が上がるんだ?というのは不気味さを感じるんですよね。

なので過熱気味のところには近づかない方針で投資をしておこうかなと考えています。

ということでバンガード米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)に投資しました。

スポンサードリンク

過去5年でS&P500とほぼ変わらないバンガード米国増配株式ETF(VIG)の現状のパフォーマンス


では現状のパフォーマンスはどうなってるかというと、過去5年でS&P500とほぼ変わらないという状況。

VIG-SPY-5y-20201219.png

若干、株価が大きく下がったとき~直後はS&P500よりVIGの方がパフォーマンスがよい傾向がありそうに見えますが。

ちなみに過去1年で見ると若干S&P500に負けてます。

VIG-SPY-1y-20201219.png

ただ、コロナからの回復が下手したら2022年?という可能性も見えてきた中で、不確実性は上がると考えてます。

「ビジネスエリートになるための教養としての投資」なんかでも書かれてますが、個人的には5年スパンとか10年スパンで見たときは構造的に強い企業に投資しておいた方がいいと思うんですよね。


その意味でクオリティファクターのファクターも強く、増配できるなどの構造的な強さを持ってるVIGがS&P500と同程度のパフォーマンスならば、VIGに投資しておいて何かショックが起きたときに下落幅を小さくできる可能性はあるかなと。

コロナの影響も組入れ上位10社の企業見たらディズニー以外は影響小さそうですし。ディズニーは非日常状態のいま投資をしておいて損はないかなと思いますし。

VIG-top10-20201219.png

12月の配当も出ましたが着実に増配していますし、zoomなんかの一部ハイテクの人気っぷりはやっぱり違和感があるので、来年も引き続き増配するクオリティファクターの高い企業にVIGを通して投資をしていきたいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2645-94893f10
該当の記事は見つかりませんでした。