fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > LIFESPAN(ライフスパン)を読み終わった後ゲノム関連が気になってるので、アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)を調べてみた
海外ETF

LIFESPAN(ライフスパン)を読み終わった後ゲノム関連が気になってるので、アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)を調べてみた

993598_s.jpg

自分の運用方針としてヘルスケアセクターを重視しています。

で、先月ライフスパン(LIFESPAN)を読みまして、バブルっぽさがあるテクノロジーセクターよりヘルスケアセクターだという思いが強くなると同時に、バイオ関連やゲノム関連どうなのかなと。


ヘルスケアセクターはiシェアーズにバイオテクノロジー(IBB)や医療機器のETF(IHI)と細かく分類されたETFが15年以上運用されているわけですが、じゃあゲノム関連はあるかというと、一部で話題のARK社のETFがあります。

アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)といって医療、情報技術、資材、エネルギー、 および一般消費財など、ゲノム革命に関連するさまざまな分野の企業を投資対象としたアクティブ運用を採用しているETFです。

個人的にも詳細が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)概要


アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)の資産規模や信託報酬をまとめますと以下の通り。
銘柄数54
資産規模116億ドル
信託報酬0.75%
配当率0.73%
PER-60.10
PBR7.43

ETF.comの数値を採用しましたが、PERの値はマイナスになってました。

アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)パフォーマンス


では、アーク・ゲノミック・レボリューションETF(ARKG)の実際のパフォーマンスはどうなのか?

バイオテクノロジー(IBB、青)や医療機器のETF(IHI、緑)、ヘルスケアセクター(VHT、桃)、S&P500水色と比較した結果が以下の通り。
ARKG-IBB-IHI-VHT-SPY-1y-20200207.png

まぁ、この1点で急騰という感じですね。

ヘルスケア関連は全てS&P500を上回ってますが、それでもARKGのパフォーマンスは圧倒的と言えるでしょう。

ARKG-IBB-IHI-VHT-SPY-6y-20200207.png

ちなみに設定来の過去6年で見ても2020年の急騰っぷりのすさまじさがわかります。バブル的な印象も持ちますがどうなりますやら。

当初はバイオETFのIBBと同じような値動きだったのですが、2017年頃から乖離して今に至ってます。

ただ、現状をETF.comのセクター区分で見るとバイオが半分以上。医療器具含めると7割を占めています。

ARKG-sector-20210207.png

ソフトウェアやコンピュータハードウェアも入ってるのは独特です。

ちなみに国別で見るとアメリカ9割。それいがいだとスイス、フランス、イスラエル、日本となっていました。

ARKG-country-20210207.png

個人的には調べ終わった後も興味あるなと思いますし伸びしろはある一方、ちょっと2020年に急騰しているのは怖さもあり。

なぜかというとわたしは10年位前に一緒に仕事をした人がバイオ関連の仕事から移ってきた人だったのですけど、2000年代前半のヒトゲノムの解読完了はバブルだったと。

そしてバブルが終わった後仕事がなくなり移ってきたというリアルな話を当時聞いてました。

とはいえ伸びしろも感じるだけに判断の難しさがありますが・・調べてみたらサクソバンク証券では取り扱ってるだけに少額投資をしてみるのもありなのではと考えるところもあるだけに、もう少し検討してみたいと考えています。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2699-36acac4b
該当の記事は見つかりませんでした。