FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > コロナショックから1年間の米国上場ETFの資金流入を見ると、以外にも債券ETFが目立つ
海外ETF

コロナショックから1年間の米国上場ETFの資金流入を見ると、以外にも債券ETFが目立つ

4308311_s.jpg

コロナショックから1年ということで、各資産のパフォーマンスを先週調べましたが、米国長期債以外はプラスという結果でした。

米国長期債ETF(TLT)以外はコロナショックから1年経ってプラスだった - 関東在住福岡人のまったり投資日記

コロナショックから1年ということで米国株に関してパフォーマンスを調べましたが、ハイテク関連よりも小型株やエネルギー、資本財の方がパフォーマンスがよく意外な結果となりました。...

これだけ全ての資産がプラスならば、資金の流出入どうなのかなと。

とりあえずはETFで流出入の確認ができますので、コロナショックの底の3/23からの期間で見てみると、債券関連も流入の上位に来ていて意外だなと。

スポンサードリンク

2020/3/23~2021/4/8の米国上場ETFの資産流出入ランキング


まず、2020/3/23~2021/4/8の米国上場ETFの資産流入から見ていきましょう。
ETF-creations-top10-1y-20210410.png

バンガードのETFが目立ちますけど、トップはVTIで2番手VOO。VTIが圧倒的です。

ただ、3番手4番手は米国総合債券ETFのBNDとAGGですし、7~9番目の債券。

意外と債券ETFへの流入が目立つんですよね。

加えてVXUSとBNDXと米国除く債券や株式にも流入の上位に来ていて、米国外への投資も継続して行われたと言えるでしょう。

ちなみに去年大人気だったARKKは6番目でNASDAQ100のQQQよりも上でした。

では、流出はどうかというと1番目2番目はコストが高いSPYとEFA。

ETF-redemptions-top10-1y-20210410.png

特徴的に目立つのは短期債と3番目の低ボラティリティ(USMV,SPLV)ですね。

セクター別で見ると金融セクターへの流入、生活必需品セクターが流出というのが目につきます。

直近1ヶ月だと金と適格社債の流出が目立つ


では、直近1ヶ月で大きな変化はあるか確認してみたところ、流入ではQQQがトップに立って目立っています。

ETF-creations-top10-1m-20210410.png

後は傾向としてIEMG、IEMが入っていて新興国も目立っていますね。

一方、流出として目立つのは金(GLD)と適格社債(LQD)。とくに金は投資本が多く出たのがフラグだったんじゃないの?という気もする結果。

加えて相変わらず低ボラティリティの流出が目立つ一方、日本株やバイオテクノロジー(IBB)が上位に効いているのは、個人的にはちょっと気になるところではあります。

円安も一服した一方、NYダウは34000も見えてきている状況ですのでやや加熱感の印象もあります。

なかなか難しい投資環境ですが、引き続き定点観測していきます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2761-086054a6
該当の記事は見つかりませんでした。