fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > エネルギーセクターの逆襲が始まるのか?2021年上半期の米国セクター別パフォーマンス
海外ETF

エネルギーセクターの逆襲が始まるのか?2021年上半期の米国セクター別パフォーマンス

America-sector-20210703.jpg

去年と違って比較的平穏に上半期が終わりました。

とにかく株式は好調な状況が続き、リスク資産も大きく増加して順調満帆といった印象です。

残り半年について考える上でも有用かと言うことで、まずは上半期の米国セクター別のパフォーマンスを調べてみることにしました。

2020年米国株セクター別パフォーマンスから、2021年注目するセクターを考える - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2020年の相場は大きな急落があったものの採取的にはS&P500もかなり上がった相場でした。ただし、好調なセクターと不調なセクターの格差も大きくなった年のような印象があります。ということで2020年の分析の第1弾ということで半期に1回まとめております、米国株のセクター別のパフォーマンスを調べてみました。...

ここのところテクノロジーセクターの圧勝が続いていましたが、傾向は変わったのか?

まずは以下の11本のSPDRの米国株セクターETFで確認してみました。

一般消費財セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLY)
コミュニケーション・サービス・セレクト・セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLC)
テクノロジーセレクト セクター SPDR ファンド(ティッカー:XLK)
資本財セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLI)
素材セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLB)
エネルギー セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLE)
生活必需品セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLP)
ヘルスケア セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLV)
公益事業セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLU)
金融セレクト セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLF)
不動産セレクト・セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLRE)

スポンサードリンク

2021年上半期のSPDRの米国株セクターETFのパフォーマンス


XLY-XLC-XLK-XLI-XLB-XLE-XLP-XLV-XLU-XLF-XLRE-SPY-6m-20210703.png

グロース株がそこまで調子よくなかったというのが上半期の特徴かと思いますが、なんとエネルギーセクターがぶっちぎりトップ。

去年は上半期一人負けの状況から一転。ここから5年以上不調の鬱憤をはらす逆襲が始まるのでしょうか?

右端のS&P500と比較してグロース関連も差がない状況ですが、金融セクターと不動産セクターも好調だった上半期です。

一方、ディフェンシブセクター区分の生活必需品、ヘルスケア、公益事業はS&P500を大きく下回りました。

株価の推移を見ると金融セクターは上半期後半やや失速傾向でした。

XLY-XLC-XLK-XLI-XLB-XLE-XLP-XLV-XLU-XLF-XLRE-SPY-6m-20210703-2.png

2020年上半期のバンガードの米国株セクターETFのパフォーマンス


次に中小型株も含まれるバンガードのセクター別ETFも調べてみました。

    バンガード・米国一般消費財・サービス・セクターETF(VCR)
    バンガード・米国通信サービス・セクターETF(VOX)
    バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)
    バンガード・米国資本財・サービス・セクターETF(VIS)
    バンガード・米国素材セクターETF(VAW)
    バンガード・米国エネルギー・セクターETF(VDE)
    バンガード・米国生活必需品セクターETF(VDC)
    バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)
    バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)
    バンガード・米国金融セクターETF(VFH)
    ※セクターの分け方がSPDRと異なる上に中小型株が含まれています。

VCR-VOX-VGT-VIS-VAW-VDE-VDC-VHT-VPU-VFH-SPY-6m-20210703.png

SPDRのセクターETFと比較してバンガードのエネルギーセクターの方がパフォーマンスがよかったです。

ただ、おおまかなパフォーマンスの傾向は変わらずでした。

個人的に重点セクターにしている生活必需品とヘルスケアの2つは冴えず、今年注目と書いた素材セクターも若干
S&P500を下回る結果。

見事に外していますが、バリュー→グロースへの回帰も直近ではまたグロースに逆流し始めた感があるので、年末にはまた違った景色となっているかもしれません。

ともあれ上半期は資産の増加が急ピッチ過ぎてやや怖さも覚えるだけに、下半期は慎重に行動したいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2845-00762df3
該当の記事は見つかりませんでした。