fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > オススメ本 > 投資関連本 > リープフロッグ現象でアフリカの時代が来る?「超加速経済アフリカ」
投資関連本

リープフロッグ現象でアフリカの時代が来る?「超加速経済アフリカ」

hirota_sabanna_TP_V.jpg

先日アフリカの主要国に投資するヴァンエック・ベクトル・アフリカインデックスETF(AFK)の記事を書きました。

「超加速経済アフリカ」を読んだので、ヴァンエック・ベクトル・アフリカインデックスETF(AFK)の現状を調べてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

新興国の単一国家で面白い国はないかと色々と調べていて、基本は東南アジアとかインド周辺、東欧という感じで目を付けてますが、アフリカも対象として考えています。...

調べるきっかけは「超加速経済アフリカ」を読んだからで、既存の技術を経ることなくいきなり最新の技術に到達する現象であるリープフロッグ現象がアフリカで現れているのを読んだからです。


著者の椿進氏はAAIC代表パートナーを務めるアジア・アフリカの識者で、アジア・アフリカファンドの運用経験もあり、ルワンダでは東京ドーム40個分の農園も手がけている人物です。

コロナでいまは現地に行けてないそうですが、アフリカの各地の経済発展の状況を知るのにはもってこいの一冊だと思いました。

スポンサードリンク

アフリカの国々は高度経済成長の手前


アフリカの国々は、この日本の50年の間のフェーズのどこかに位置していて、日本が経験したことと同じ道をなぞって成長中で、最新のテクノロジーを取り込みながら成長している点で加速度的な成長を生んでいる。

中国が人口減が始まってるの含めて日本のまさにバブル期と同じ状況、インドは高度経済成長中で、アフリカの国々は高度経済成長のまさに手前あたりなので、先手で仕掛けていくことはビッグチャンスにつながるという話は一理あるなと。

もちろん国内格差の問題はあるものの、富裕層は日本の一般的な収入を持つ層も現れていて、都市化はますます進みそうです。

なのでグローバルREITも伸びしろはあるなと思いました。

やはりインフラ面や医療面の問題はあるのですけど、インドほどの人口を抱えているわけでもないので、その点はすんなり整備できる国が伸びていく可能性はあるかなと考えます。

ただ、よい面の記載が多いので、個人的にナイジェリアのボコハラムとかのイスラムリスクはどんなもんだろ?というのは気になりました。

規制の少ないアフリカで新規事業をテストする


アフリカに関しては内戦が資源からみのことがありますけど、椿氏によると1次資源には既得損益があるが、ITなどの産業にはそれが少ないそう。

なので、忖度無く導入して価値のあったものは瞬く間に広がる傾向にある。

これを利用したのが中国で、物価面も欧米や日本と比べて近いので、人を投入して現地で回しているようです。

とはいえお金を出し経済発展した見返りとして、国連でのアフリカ票以外でも貸借の問題が起きて警戒する国も増えているそうです。

本の中ではアメリカの企業が規制でできないことをアフリカでテストしている事例も紹介されていました。

これは日本企業もやっていいと思うんですね。日本の場合規制がきついですし、自治体だけで見てもこういうのを積極的にやりそうなの福岡市とかの例はあるもののそれでも他国には劣るでしょうし。

インドや中国に出遅れた感のある日本企業ですが、中国が抑えていてもつけ込む余地はあると思いましたし、積極的に打って出る価値のある市場と思いました。

ちなみにカネカや味の素は既にビジネスをうまく展開しているそうです。

ケニアとモロッコは追っかけたい。そしてナイジェリアは評価を考え直す価値がありそう


様々な国の事例が紹介されいて内戦のイメージが強いルワンダなどの経済復興の状況なんかは興味深かったです。

その中でも投資できれば面白そうと思ったのはケニアとモロッコ。

iシェアーズのフロンティア株ETFでも組入れ上位に来てますし。

FM-country-20210717.png

モルガン・スタンレーの新興市場部門・部門長ルチル・シャルマはアフリカに関して、地理的なスイートスポットから、東部は優秀で西部は劣等という評価で、とくに東部の国の中でもケニアアフリカで唯一高評価でしたので注目しています。


モロッコは立憲君主制ですし、位置的に欧州と非常に近い立地もいいと思いました。EUの近隣諸国で初めて「優先的地位」も獲得していて結びつきは強いですし。

ルチル・シャルマに低評価だった西アフリカですが、個人的にナイジェリア中心に西アフリカにドバイを作るというのはなかなか面白いなと思いました。

ちなみにナイジェリアETFのNGEは以下の赤線のようにエネルギー価格の下落後沈んだままですが、好転すれば回復することもあり得るかなと思わせる記述でしたし。

NGE-AFK-7y-20210721.png

ともあれアフリカの今後の伸びしろがわかりやすく書かれていて、アフリカについて知るならオススメできる一冊だと考えます。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/2862-c762778d
該当の記事は見つかりませんでした。