fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > オススメ本 > 投資関連本 > 「Invent & Wander」を読めば、Amazonに投資してなくても長期投資の重要性がわかる
投資関連本

「Invent & Wander」を読めば、Amazonに投資してなくても長期投資の重要性がわかる

inventand1.jpg

Amazon関連の書籍はちょくちょく読んでいますが、やはり最初に読んだ「ジェフ・ベゾス果てなき野望」のインパクトは強かったです。

とはいえこの本出てから6年以上が経ってるんですよね(アメリカ現地出版からだとそれ以上)。

amazonという企業の成り立ちを知る - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ちょうどジム・クレイマーの本でもgoogleやスターバックス、アップルと比較しても評価されている内容が書かれてありました。ということで私も2週に1回くらい買い物をしている、アマゾンという企業の創業者とその企業...

そんな中、12月にジェフ・ベゾスの言葉が掲載された初の本という「Invent & Wander」が発売されたので購入して読んでみました。


1997年のNASDAQ上場から、コロナ禍が世界を襲った現在まで、ベゾスが毎年送ってきた「株主への手紙」などが掲載されていて、アマゾンの発展の過程やどういうことを株主に説明したり、公の場で発言したりしてるのかがわかって買ってよかったなと。

いまとなっては当時にそんなこと考えてたのかと先見の明に怖さすら覚えると同時に、なんで上手くいったのかがわかる内容でした。

スポンサードリンク

20年以上の株主への手紙を読むとAmazonに投資したくなる


ベゾスが株主に向けて毎年書いてきた手紙と、その他、人生と仕事についてや意思決定の方法など、さまざまなことについて語ってきた文章をまとめた一冊になりますが、重複する部分もあるので株主への手紙だけで十分かなと思います。

で、20年以上の株式への手紙を読むとAmazonに投資したくなります。

とくに以下の特徴見るとよく書かれてるなと。

  • アマゾンでは、毎日が始まりの日です で終わる。
  • 売上増の強調の仕方が上手い(外国で伸びてる場合はそこを強調、全体売上1%だったのが昨年はXX%増、今年はYYY%増という感じ)
  • 労働状況の指摘を受けてから、昇給や給与アップ、雇用人数、キャリアアップ制度などを適宜挿入するようになっている。
  • 今見ればAWSの記述などが登場するタイミングを考えると先見の明がすごい。
  • グレアムやバフェットなど投資家の発言なども引用していて知性を感じる。

雇用関係は社員への感謝なども含めて書かれてるのは建前でしょうが、うまくフォローしているなと思いました。

また、AWSなど先見の明が素晴らしく、そりゃこれだけ株価も上がるよなと言う気がしました。

ITバブルが崩壊して100ドルから6ドル近くまで株価が暴落したときの株主への手紙を読みましたが、たんたんと売上が伸びてる事実を羅列していてこれだけ読めばこのタイミングで投資できた人もいるだろうなと思います。

とはいえ10分の1以下になったのを見たら、これだけを見て信用しろと言われてもわたしには無理だなと感じました。

冒頭で著者のウォルター・アイザックソンが最重要の5つのポイントを上げてますが、個人的にその5つの中でも以下の2点に集約されるんじゃないかと思いました。

  • 「長期」に目を向ける。
  • しつこく情熱的に「顧客」に集中する。

とくに後者はアマゾンというブランドを確立する上で、現状アップルも同様ですがストーリー的なもので惹きつけるのも重要な時代ですから、その意味で多くの人を惹きつけるという意味で非常に重要な要素かなと思いました。

そして何よりも「長期」に目を向けるということですね。

一番最初の株主への手紙の見出しに「長期がすべて」と書かれていました。

とくに斜体で「短期利益や目先のウォール街の反応よりも、長期的に史上リーダーとしての地位を固めることを考えて、投資判断を行い続けます」と書かれているのは投資家や資産運用する上でも重要なことだと考えます。

Amazonという企業の成り立ちやジェフ・ベゾスの考え方を学上でも重要な一冊だと思います。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3044-798fd1b6
該当の記事は見つかりませんでした。