fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > コロナショックから2年経つが、過去2年のパフォーマンスは米国>欧州・先進国>新興国株≒日本株
海外ETF

コロナショックから2年経つが、過去2年のパフォーマンスは米国>欧州・先進国>新興国株≒日本株

22319328_s.jpg

2022年が始まって以来いろいろとありすぎて忘れてしまいそうですが、所謂コロナショックから今週で2年になります。

日経平均はその前の週が底でしたが、S&P500やNYダウは2020/3/23が底でした。

コロナショックの底から1年。小型株やエネルギー、資本財がハイテク株を上回る - 関東在住福岡人のまったり投資日記

テレワークが開始されて1年になりまして、ローテーションで出社からほぼ不定期に出社までなっており、出社=出張扱いになるとは1年前思いませんでした。で、当時の株価もこれはしばらく下がると言われていたのに、その後コロナの感染者は世界的に1波よりも倍増したにも関わらず株価は回復。NYダウも日経平均も3万台に乗るとは考えた人もほとんどいなかったでしょう。...

そこから2年ですが、ハイテク株が去年あたりから冴えなくなったりとやや空気も変わってきたような印象があります。

じゃあ日本株や米国株、新興国株という区分けで見るとどうなるのかな?と気になったので、ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

過去2年のパフォーマンスは米国>欧州・先進国>新興国株≒日本株


というわけで日本株、米国株、欧州株、新興国株、先進国株のカテゴリにわけて過去2年パフォーマンスを比較してみます。

対象ETFはそれぞれ日本株(EWJ)、米国株(SPY)、欧州株(VGK)、新興国株(VWO)、先進国株(VEA)。

過去2年で見るとやはり青の米国株が抜けています。

EWJ-SPY-VGK-VWO-VEA-2y-20220320.png

米国株以外はというと日本株と新興国株がよろしくなく、欧州株と先進国株は前者2つよりはマシという感じです。

過去2年の値動きを細かく見ると赤の日本株やピンクの新興国株はコロナショックから1年という状況では米国株ともほとんど差がなかったんですよね。

EWJ-SPY-VGK-VWO-VEA-2y-20220320-2.png

ただ、1年過ぎた後から失速気味で、日本株は昨年9月頃急上昇した後は新興国と競るように低空飛行。

まぁ、政治関連では未だにアベガー・スガガーがいますけど、投資関連ではキシダガーという人がtwitter上でうじゃうじゃいるのはわかる気がします。

年明けで見ると欧州株以外は横一線


では、株価が冴えなくなった年明けからどうかというとどこがマシと言わず横一線でマイナス。

EWJ-SPY-VGK-VWO-VEA-ytd-20220320.png

やや緑の欧州株がマイナス幅が大きくなってますが、震源地とロシアの中心地からの距離が近いですからね。

こうしてみると過去1年で傾向が変わってるわけで、今後米国株優位が続くかというとその展開も変わる可能性もあるでしょう。

ただ、ロシア絡みで見ると地政学的にアメリカの有利さは非常に際立ってますし、欧州や日本はエネルギー・資源関連で難ありですがアメリカはなんとかなる。

それを考慮するとアメリカ1強が続くという展開はそれなりに可能性のあるルートと考えながらの運用をするしかないかなといまは考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3102-80408450
該当の記事は見つかりませんでした。