fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 地味に米国適格社債ETF(LQD)やiシェアーズ 米国国債20年超ETF(TLT)に資金が流入し始めている模様
海外ETF

地味に米国適格社債ETF(LQD)やiシェアーズ 米国国債20年超ETF(TLT)に資金が流入し始めている模様

24873444_s.jpg

11月になって保有している債券ETFの配当の確認を行っていたのですが、コロナショック前の水準にまた近づいていました。

BNDやTLTなど米国債券ETFの利回りが急上昇する中、iシェアーズ米国物価連動国債ETF(TIP)の今月の分配金は0ドルだった - 関東在住福岡人のまったり投資日記

朝起きたら1ドル151円が147円になっていたという日にこの記事を書いておりますが、1ドル150円超えてきているので、もしかしてまた目標資産額に近づいてきてるんじゃなかろうかということでSBI証券にログインしてETFの価格を見ておりました。...

思ったよりも利上げが続くという想定で株価が下がったりしましたけど、個人的にいまのうちに債券ETFに仕込んでおくべきか?とも考えています

で、気になって米国上場の資金の流入と流出を見てみたんですよ。

そしたら同じこと考えてる人結構いるんじゃなかろうかと。

スポンサードリンク

米国長期債ETF(TLT)や適格社債ETF(LQD)に資金が流入している


今年に入ってからの米国上場ETFの資金流入(左)と資金流出(右)の上位10本が以下の通り。

ETF-creations-2022-20221106.png

流入は米国株不調でも、VOO、IVV、VTIに流入しているのですが、5番目の米国長期債ETFのTLT以降BIVやらBNDと債券ETFへの流入が目立ってるんですよね。

逆に利回り8%とかになってた物価連動国債ETFのTIPは資金が流出している。

期間を短くして今年の下半期にすると、TLTだけでなく米国適格社債のLQDもランクインしてきて、BNDもランクインしている。

ETF-creations-202207-20221106.png

景気後退やインフレとなると資金が流入しそうな金ETF(IAU、GLD)なんかも資金が流出している意外だなと。

また、傾向として物価連動国債ETFが売られているのも変わらず。

より期間を短縮して直近1か月にすると、ハイイールド債ETFも流入が目立つようになってきました。

ETF-creations-202210-20221106.png

そして、流出では短期債ETFが目立つようになってきています。

やはり今年に入って下がりまくってるのでそろそろ底打つ、いずれ金利の上昇止まりそうとみて投資している人がそれなりにいるってことかと。

想定よりも景気後退やら金利正常化のスケジュールが後ろにずれてってる印象はあるのですけど、先回りして投資するならありなのかなと思う時期になりつつあるのかというのが個人的な印象です(ただし全賭けはよろしくないと思います)。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3332-69dd84ad
該当の記事は見つかりませんでした。