fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > 個人的に重視しているバンガードの生活必需品セクターETF(VDC)とヘルスケアセクターETF(VHT)に投資しました
バンガードETF

個人的に重視しているバンガードの生活必需品セクターETF(VDC)とヘルスケアセクターETF(VHT)に投資しました

24903350_s.jpg

ボーナスの査定がありまして先週末入金されたわけですが、個人的にはいい評価。

加えて会社の全体の業績がよかったのか、以前同じ評価だったときと比べても増えている(昇給分だけでは説明が付かない)。

流石にコロナから3年近くたって正常化した部分で上積みがあるのかなと。

まぁ、アメリカが景気後退したらその影響で遅行的にダメというのは、20台前半のときのリーマンショックで大変だった後の3年くらいで酷いものを見てきたので、来年はちょっと心配なところもあるのですが。

ともあれきっちり資産運用に大半を活用して残りを有意義に使いたいと思います。

さて投資プランの記事を書きましたが、重点セクターであるバンガードの生活必需品セクターETF(VDC)とヘルスケアセクターETF(VHT)に投資しました。

スポンサードリンク

S&P500が下がる中で期待される役割は果たしたVDCとVHT


過去1年のVDC(赤)、VHT(青)、S&P500(緑)が以下の通り。
VDC-VHT-1y-20221222.png
過去1年で見るとS&P500が下がったのに対して生活必需品のVDCは通年で強い上児湯。

ヘルスケアのVHTも今年の序盤はダメでしたが、その後株価が下がるに従って強さを発揮したかと思います。

これだけ見ると年間通して強いという感じがしますが、過去半年だとインフレが騒がれた夏場はS&P500の方がパフォーマンス良かったんですね。
VDC-VHT-6m-20221222.png
一部で生活必需品もヘルスケアもインフレに弱いと言われてたのですが、その傾向はあるかもしれません。

ただし、インフレがややピーク過ぎてないか?且つ景気後退リスク観測が強まったら、12月に一気にパフォーマンス差が出ています。

このまま景気後退シナリオのままなら、ある程度下がっても生活必需品やヘルスケア重視がS&P500よりマシで悪くない戦略となるのを期待しています。

ちなみにこの2本のETF買ったのが先週の金曜日で、SBI証券の約定後のドル円は136円台。

130円まで行った日が報告書の通知が来た日なのでもうちょい安く買えてると思ったのですが・・

まぁ、元々今年は出来過ぎ感がありましたし、円高は散々逆神が円安円安と言ってたらそうなるよなと。

金融政策とか関係なく、愚直に資産を積上げていく方針で地道にコツコツやりたいと思うこの1週間です。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3377-0643f251
該当の記事は見つかりませんでした。