関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 日記 > 美味しんぼ、原発炎上商法に手を染める。
日記

美味しんぼ、原発炎上商法に手を染める。

今日は珍しく2本立て。

趣味と聞かれると読書も一つに入ってくるのですが、
漫画を読むのも趣味に入ってきます。

先週買った2冊の漫画のことについて書こうと思ってたんですが、
そしたらとんでもない漫画関係者が現れました。
いつぞや書いた美味しんぼの件の続報です。

美味しんぼ騒動における情報取捨の問題

「美味しんぼ」原作者・雁屋哲氏が反論本出版へ「問題になった件も掲載」

原発に関する記述が問題となり連載休止中の「美味しんぼ」(ビッグコミック スピリッツ)の原作者、雁屋哲氏が10日、約半年ぶりに公式サイトでコメントを発信、問題視された部分を含む「美味しんぼ」の単行本第111巻「福島の真実篇2」が刊行されることを告知し、また来年1月に同氏の意見をまとめた本を出版することを明らかにした。


とある漫画の以下の場面見たら福島の食べ物食べたからだといいだしかねんな。
yuruyurihanaji.jpg
※妄想で鼻血が噴き出たシーンです。

スポンサードリンク
この記事には続きがあって炎上商法と思えて仕方ないんです。

雁屋氏は単行本発刊について「色々と問題になった件も掲載されています。お読み下されば有り難いと思います」と記し、「例の『鼻血問題』に対する私の意見は、本にして来年の一月に発行します」と、原発問題に関する雁屋氏の意見を1冊の本にまとめたことを明かした。

 その上で「まずは単行本第110巻と111巻をお読み頂いてから、ご意見を賜りたいと存じます。一部分だけを読んで、あれこれ言うのは反則でしょう」と、議論を受けて立つ構えを明確にした。


自分の意見を書いた本を出すから単行本と著書を買えと、商売するという時点でモラルを疑いたくなりますが。

物議を醸したりその正当性が問われる事態になれば、製作者側に説明する責任が発生します。そこで取った手段が本を出版します!と高らかに宣言。ブログ書いてるならそっちで公表するのが筋でしょう。

漫画関係者でも問題児はいます。富樫とか富樫とか富樫とか。でも、こんなあからさまな炎上商法した原作者とかいるんですかね?

著書は買う気はさらさらないですけど。

漫画って別にパロディやら政治ネタやってもいいと思いますよ。表現の自由ですし。でも、これが事実だと言って内容は怪しい人物からの伝聞みたいなことを書いてると、非難されて当然と思うんですがね。
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/338-65f9fa57
該当の記事は見つかりませんでした。