fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 米国長期債券ETF(BLV)と米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)で冬のボーナスの投資を完了しました。
海外ETF

米国長期債券ETF(BLV)と米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)で冬のボーナスの投資を完了しました。

4322817_s.jpg

円高が進みつつ投資を継続しておりましたが、先週で投資を完了しました。

まぁ、4年前の2018年の投資をしてもお金が減っていってるののデジャブ感がありますが、気にせず投資。

目標資産がかなり近づいてきている中でちょっと残念な感じですが、地道に現状の資産額の土台を固めたいと思います。

というわけで、バンガード米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND) とバンガード米ドル建て新興国政府債券ETF(ティッカー:VWOB)に投資しました。

スポンサードリンク

過去1年でマイナス30%近いBLV


直近1年のBLV、VWOBとBND、SPYのパフォーマンスが以下の通り。
BLV-VWOB-BND-SPY-1y-20221228.png
ピンクのS&P500が冴えない年でしたが、VWOBやBLVはそれ以上にマイナス。

やはり守りのかなめとしてはBNDになるのでしょうが、それでもマイナス15%で、個人的に一時マイナス15%超えるとこまで行くとは思いませんでした。

今年の数値が下限だろと思いますがね。

流石に債券ETF底打ちしてきたよな感はあるので一安心です。

個人的にはBLV程度の値動きが債券ETFに求める限界幅で、ジム・クレイマーが指標値になるといってたTLTや一部の人が投資してたEDVはそれ以上に下がってました。
BLV-VWOB-BND-SPY-TLT-EDV-1y-20221228.png
もちろん株価が調整に入ったりしたら跳ね上がるETFではあるのですけど、債券ETFでも相当下がるということを考えると個人的には買う気にならないですね。

新興国債券ETFはロシアが組み入れ除外があってもこれだけ踏ん張れるのですから、一定比率分散はやっておこうと思う結果でした。

ともあれ株式にも債券にもきつい1年ではありましたが、来年はアメリカの景気後退の度合いによって方向性が固まってくるかなと。

今年債券に投資した分が活きてくる展開もあるんじゃなかろうかと期待しながら運用したいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3382-93e3325b
該当の記事は見つかりませんでした。