fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 積立投資 > 2023年の投資方針は「次の5年に向けて仕込む」
積立投資

2023年の投資方針は「次の5年に向けて仕込む」

25055283_s.jpg

2023年になりまして、年末にかけて2023年の投資方針をどうしたものかと検討していました。

個人的に一般NISA10年目ということで一つの節目だったんですが、さらに恒久化NISAが2024年から開始決定。

ですので割と2023年は次の年に備えるという感じになりそうで、恒久化NISAの詳細情報を追いつつ、資産を増やさればと考えています。

さて、毎年今年のテーマを決めていますが、わたしは保守的な人間ですので、上昇相場だろうが攻め攻め攻めな感じではないです。

2018年:平均回帰性を意識したい
2019年:守りだけでなく機を見て攻めることも忘れない
2020年:相関性を考慮して分散を意識したい
2021年:攻守のバランスを取りたい
2022年:誤りの余地を意識したい

というわけで今年のテーマは「次の5年に向けて仕込む」ということですね。

一般NISAで投資してる資産は全て恒久化の方に回せるとなれば、配当再投資やら毎月の積立投資分足せばある程度は枠埋めれるなと。

それを考えると次の5年に備えるために仕込むのが今年かなと。

加えて、昨年大晦日に「長期的バリュー投資の基本と原則」を読んでたのですが、割と5年スパンのデータが興味深かったんですよね(来週くらいに記事にする予定)。
なので割と2023年が節目になりそうな中、次の5年に向けて仕込むのが重要かなと。

これは当面の目標としていた総資産額近くまで増えて、5年後40代になってることを考えたらダウンシフトも一つなので、資産面だけでなく仕事面もいろいろと探っていきたいなと。

割と5年スパンで取り組めばダウンシフトしつつやりたいことできる環境ができるかも・・と思うところがありますので。

さて、この機会に積立投資やNISA枠、ボーナス枠の投資方針をまとめました。

スポンサードリンク

次の5年に向けて仕込む


2020→2021年の資産の増え方がちょっと怖いレベルと去年書きましたが、2021年→2022年はその反動がでた1年になりました。

なんとか円安で総資産は増えたという形でしたけど、年末で5%くらい下げたんじゃないでしょうか?

景気後退リスクがありますので、2010年代好調だったものはさらに下げる可能性があります。

ですので去年下がりまくった債券がある程度回復するまでは重点的に投資しつつ、守りを意識した形で行こうと考えています。

まぁ、そういう対象にイナゴが群がるようならイナゴがいないところに投資というイメージです。

基本的には投資方針は以下の通りです。

  • 積立投資分は毎月ひたすら貯蓄→投資を継続。
  • 夏冬ボーナスは9割方投資に回す。夏冬ボーナス時とその中間(3月、9月)に配当再投資。
  • 米国外株は気持ち比率高め、REIT、新興国債券も一定比率投資する。
  • ピークから数十%の下落となった場合は、貯めた分配金の中から一発目の弾を発射。

NISAは多分投資枠なしで、2024年開始の恒久化NISAに備える


積立投資(確定拠出年金含む) に関してはとくに動かず淡々とという感じです。

一方、NISAですが今年も大晦日の状況見ても投資枠はなさそう。

投資対象に関してはとくに新たにやるというのは現時点ではないです。

ここ数年サクソバンク証券に振り回されたのがようやく落ち着きましたし。

ともあれ経済面の正常化が今年も進みそうですから、使えるものにはお金を使いつつ、投資環境は次の5年に向けて仕込みをきっちりと進める1年になればなと考えています。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3393-f9fe72d6
該当の記事は見つかりませんでした。