fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外株式 > 米国株 > バリュー株ETF(SPYV)にいつの間にかメタやAmazon、Netflixが組入れられてる件
米国株

バリュー株ETF(SPYV)にいつの間にかメタやAmazon、Netflixが組入れられてる件

88100_s.jpg

先週、長期的バリュー投資の基本と原則を紹介しましたが、その中でもS&P500組入れのPER下位20%、PBR下位20%、利回り上位20%の4区分でパフォーマンスを比較したデータが興味深かったです。

1968年~2020年、年平均で並べるとS&P500が10.3%、PER下位20%が14.6%、PBR下位20%が13.9%、利回り上位20%が12.4%とPER、PBR、利回りの戦略は有効だったという話なのですが、だったらそういうETFあるんじゃね?と思って色々探してました。

そして、S&P500だからSPDRのETFは似通った戦略取ってんじゃないか?ということでSPDRポートフォリオS&P500®バリュー株式ETF(ティッカー:SPYV)を調べていたらあることに気づきました。

メタやAmazonがバリュー株ETFに組入れられてたのです。

スポンサードリンク

メタやAmazonがバークシャーと並んでバリュー株ETFに組入れられている


SPDRポートフォリオS&P500®バリュー株式ETF(ティッカー:SPYV)の構成上位10社が以下になります。
SPYV-value-top10-20230116.png
Amazon3番目、メタ5番目になってるんですよね。

また、11番目以下を見たら、セールスフォースやNetflixも入っていて、バリュー株もちょっと様相が変わりつつあるかなという気がしますね。

ただ、バンガードのバリュー株ETF(VTV)だと組入れられてませんでした。
VTV-value-top10-20230116.png
多分、銘柄選択基準が違うのが影響しているのでしょう。SPYVの選定基準は以下の通りです。

S&P500®バリュー指数は、米国株式市場における時価総額の大きいバリュー株セグメントのパフォーマンスを計測する指標です。同指数は、S&P500指数構成銘柄のうち(i)株価純資産倍率(PBR)、(ii)株価収益率(PER)および(iii)株価売上高倍率(PSR)に基づいて、バリュー特性が最も顕著な銘柄から構成されます。同指数は浮動株調整後時価総額加重平均型の指数です。

ただ、PERとかの数値見ると結構高い銘柄もあるので、3つを組み合わせたらこうなるということでしょうね。

メタとNetflixに関しては去年の6月時点で組入れの記事があったので、そこから半年株価は軟調で更に増えたということかと。

まぁ、やがてグロース株も一巡してバリュー株になったということなんでしょう。

これまでのデータだと、5年スパンでS&P500の低PERは投資する価値がありそうな結果でしたが果たしてバリュー株に組入れられたハイテク銘柄はどうなるのか?

長期投資をする上でも非常に貴重なサンプルとなるんじゃないかと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3409-9801aacc
該当の記事は見つかりませんでした。