fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > BNDの利回りが2018年水準を上回ったので、主な債券ETFの利回りの状況を確認してみた
海外ETF

BNDの利回りが2018年水準を上回ったので、主な債券ETFの利回りの状況を確認してみた

796788.jpg

ぼちぼち9月が近づいてきて、4半期に1度の配当再投資の投資をどうするか考える時期になってきました。

今のところ債券ETFでリバランスかなぁと思ってますが、上がりすぎた株価が調整に入る可能性もありそうと思って見てるので、まだ決めかねてますが。

で、BND等の配当が先週入金されたのですけど、配当金額や利回りの水準が2018年を超える水準にきてるんですよね。

指標を見るとインフレは収まりつつありますが、5月末時点で短期債の利回りが上昇中という状況でしたから、その後の債券ETFの利回りの推移を調べてみました。

スポンサードリンク

iシェアーズ米国物価連動国債ETF(TIP)以外、直近5年で最高水準


個人的には指標値になると思ってるBNDが以下の通りで、直近5年では過去最高水準。
BND-dividend-yield-20230815.png
2018年株価低調、債券ETFも下落という展開だったので、それに近い感じ。

当時よりもBNDの価格は安いので、その分利回り超えてます。

配当金額は2018年末と同じ水準です。

では、他はどうなのかというと1年未満の短期債が中心のiシェアーズ 米国短期国債 ETF(SHV)は3%台後半まで上昇。
SHV-dividend-yield-20230815.png

社債はどうかということで、意図的にしばらく手を出してない適格社債ETFのLQDも直近5年で最高値。
LQD-dividend-yield-20230815.png
ブリッジウォーターが再び買い出してるのはポジティブに捉えていいのか気になるところです。

ジム・クレイマーが指標値といっていたiシェアーズ 米国国債 20年超ETF(TLT)も久々3%超え。
TLT-dividend-yield-20230815.png
TLTよりは値動きがマイルドなBLVも最高値水準で、5年前の値を超えています。
BLV-dividend-yield-20230815.png
去年あたりからEDV買ってる人を見かけたことがありますが、こういう状況のときは値動き小さめで下がらない対象に投資するのがいいなと改めて直近2年の展開で実感しています。

なので、米国長期債に投資するならEDVとかTLTに投資するよりBLVだなと考えます。

まぁ、守りを考えるなら米国債のチョイスはBNDなりAGGで今はいいと思いますが、

ちなみに利回り上昇中ですが、インフレ沈静化を受けてiシェアーズ米国物価連動国債ETF(TIP)3%台まで下がってます。
TIP-dividend-yield-20230815.png
TIPに関しては美味しい時期は終わりつつあるかなという感じですね。

この状況を見ますと投資するなら入れ込みすぎずに米国債ETFかなという思いが強くなる結果でした。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3592-c273332a
該当の記事は見つかりませんでした。