fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 全期間、3年、5年すべて五つ星評価になったマーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(MOAT)
海外ETF

全期間、3年、5年すべて五つ星評価になったマーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(MOAT)

27097446_s.jpg

侵入できない「堀」で守られた経済上の城である「経済的な堀(economic moat)」という言葉は米国株に投資をする人なら聞いたことがあると思います。

とくに長期投資を志向する人にとっては「千年投資の公理」なんかにも書かれてますけど、優良企業というのは意識している人は多いかと。


で、この堀のある企業ってコロナから3年以上経ってどうなってるのか?が気になるところです。

そんな侵入できない「堀」で守られた経済上の城である「経済的な堀(economic moat)」を持つ企業に投資できるETFがあればいいのにという願望を叶えたのが、「マーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(ティッカー:MOAT)」です。

経済的な堀を持つ企業に投資をするのですが、堀を持っているはずなのに投資先を大規模入れ替えを行ったりする面もあります
経費率も0.48%とお高めではありますが、投資している銘柄はある程度参考はなるかと考えます。

銘柄入れ替えがダイナミックですので、昨年8月からどこが変わったのか確認してみました。

スポンサードリンク

マーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(MOAT)は前年とほぼ比率は変わらず


まずセクター別の比率を見ていきましょう。
MOAT-sector-20230827.png

情報技術セクターがトップでヘルスケア、金融、資本財と続いています。

昨年は29%あった情報技術セクターの比率が下がって、その分ヘルスケアセクターと金融セクターの比率が上がってます。

セクター毎の分散も意識されてるのか、全部のセクターで4.7%以上の構成比率になっています。

マーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(MOAT)構成企業


次に構成企業を見てみましょう。
MOAT-top13-20230827.png
去年の組入れ上位とは入れ替わった感じですね。

ドミノピザ、Google、コムキャスト、USバンコープ、セールスフォースあたりが目立ちます。

あとはウェルズ・ファーゴ、3M、ファイザー、ディズニー、メタ、アマゾン、マイクロソフトとハイテク関連はやはり多めの印象です。

ちなみに銘柄数は2017年25銘柄→2018年46銘柄→2019年52銘柄→2020年49銘柄→2021年48銘柄→2022年50銘柄→2023年54銘柄と50銘柄前後でここ5年は安定しているようです。

モーニングスターのレーティング★5のマーケット・ベクトル・モーニングスター・ワイド・モートETF(MOAT)のパフォーマンス


MOATは名前の通りモーニングスターが堀の評価をしているのですが、レーティングは一昨年全期間、3年、5年すべて五つ星だったのが、昨年3年5年は4つ星に下がりました。

で、今年はどうかというと1280ファンド中全て5つ星。

それもそもはず、全期間のパフォーマンスがS&P500上回ってます。
MOAT-performance-20230827.png
個別株に投資をするとすればこの中から個人的にいいなと思うものをピックアップして細部を調べて投資とかも悪くない手法かもしれないと思いました。

このETFが採用されてる指標値は参考にする価値がありそうです。

ともあれ堀がある企業に投資したらを具現化したETFがS&P500を上回ってるわけですから、組み入れ銘柄を参考にするのは悪くないのではないかと考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3593-919c274e
該当の記事は見つかりませんでした。