fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > 主な債券ETFの利回りの状況を確認してみたら、短期債(SHV)や長期債(BLV)は4%を超えている
海外ETF

主な債券ETFの利回りの状況を確認してみたら、短期債(SHV)や長期債(BLV)は4%を超えている

2842960_s.jpg

9月に配当再投資として、米国債ETFに投資したのですが、10月に入って更に価格は下がり続けております。

いっそETFではなく米国債買えないかといろいろと3連休中調べようかと考えています。

で、8月に主な米国債ETFの利回りを確認しました。

その後どうなったかということですが、やはり利回り上昇して、2018年の水準を大きく超えてきてるなと。

スポンサードリンク

iシェアーズ米国物価連動国債ETF(TIP)以外、利回り上昇中


個人的には指標値になると思ってるBNDが以下の通りで、直近5年では最高水準を大きく更新。
BND-dividend-yield-5y-20231008.png
比較的価格は下がってないので、前回債券ETFの価格が下がっていた2018年末頃をそこまで大きく上回るという感じではありません。

では、他はどうなのかというと1年未満の短期債が中心のiシェアーズ 米国短期国債 ETF(SHV)は4%台突破。
SHV-dividend-yield-5y-20231008.png
正直この値見たら短期債も・・と考えたくなる水準になりつつあるかと。

社債はどうかということで、意図的にしばらく手を出してない適格社債ETFのLQDも直近5年で最高値。
LQD-dividend-yield-5y-20231008.png
ジム・クレイマーが指標値といっていたiシェアーズ 米国国債 20年超ETF(TLT)も3%台後半に。
TLT-dividend-yield-5y-20231008.png
割と社債が混じってるBNDや社債ETFのLQDよりも利回りの上昇が大きい傾向が見えています。

TLTよりは値動きがマイルドなBLVも最高値水準で、4%台後半になってきました。
BLV-dividend-yield-5y-20231008.png
これまでコアとしてBND+BLVの組み合わせで投資してきましたが、個人的にこの傾向続くなら短期債も投資対象にするか検討してもいいかなと思い始めました。

まぁ、こういう場合に得てして市場の空気が変わる可能性がありますが。

ちなみに物価連動国債ETFのTIPはまた下がっていて、コロナショック前の水準まで下がりました。
TIP-dividend-yield-5y-20231008.png
個人的には他の債券ETFも同じような推移にいずれなると考えていますので、賭けすぎずにボチボチ拾って行ければと考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3639-a3d41f2c
該当の記事は見つかりませんでした。