fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > 昨年はS&P500を10%上回っていたが、今年は10%下回っている、バンガード米国バリューETF(VTV)の現状
バンガードETF

昨年はS&P500を10%上回っていたが、今年は10%下回っている、バンガード米国バリューETF(VTV)の現状

26093514_s.jpg

9年前にバンガードのバリュー株のETF(VTV)とグロース株のETF(VUG)が日本の大手ネット証券3社でも購入可能になりました。

1年おきのタイミングでこの時期毎年中身とかパフォーマンスを定期的に確認しています。

というわけで2回に渡って現状をまとめる回の1回目はバンガード 米国バリューETF(VTV)。

一昨年の今頃からバリュー株ETFがS&P500を上回るようになっていました。

1年経って株価も債券も下がる状況ですが、現状はどうなってるのでしょうか?

スポンサードリンク

金融セクターが組入れ断トツトップに


まずバンガード・米国バリューETF(VTV)のセクター別の比率を確認してみましょう。

一昨年は金融セクター、昨年はヘルスケアセクターが組入れトップでした。

今年になって再び金融セクターがトップになり、他のセクターと比べても突出しています。
VTV-sector-20231028.png

では、銘柄はというと以下のような組入れ上位10社。
VTV-top10-20231028.png
トップはバークシャー・ハサウェイで昨年と変わらず。

JPモルガンが昨年2番目だったのが4番目に後退し、変わってエクソン・モービルが2番目に来ている状況です。

昨年はS&P500を10%上回っていたが、今年は10%下回っている


昨年は明確に過去1年バリュー株がS&P500を上回ってました。

では、今年入ってどうかというと、S&P500が優勢の状況。
VTV-SPY-1y-20231028.png

2020年1月以来で見るとわかいりやすい形に。
VTV-SPY-4y-20231028.png

昨年はS&P500を10%上回っていたのですが、今年は10%下回ってるので、コロナショック後追いついたのが、引き離されてます。

なかなかバリュー株長期優勢の期間が来ない状況ですが、相場の雲行きは霞んでる感じですので、個人的には再びバリュー株優位の時期が来る可能性もあるかなと考えています。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3647-53500693
該当の記事は見つかりませんでした。