fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > レイ・ダリオが経営権を手放した世界最大のヘッジファンド、新興国株式や生活必需品セクターを売って、NVIDIAやビザを買増し
海外ETF

レイ・ダリオが経営権を手放した世界最大のヘッジファンド、新興国株式や生活必需品セクターを売って、NVIDIAやビザを買増し

ray-dalio-20181117.png

4半期に1度のアメリカの著名ヘッジファンドが証券当局へ提出した資料が公表されました。

個人的に確認しているのは、海外ETF中心に投資するレイ・ダリオ創業・世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツです。


海外ETFが中心のポートフォリオで、リスクを考慮したポートフォリオですので、インデックス投資をする人でも参考になる面は多いかと思います。

9月時点のポートフォリオではSLBやメタ、Netflixを買ってる状況でしたが、3ヶ月経過してどう変わったのか?
ちなみに一昨年10月に創業者のレイ・ダリオは経営権を手放しています。

そんな経営権手放した後の昨年末時点のポートフォリオを確認してみました。

スポンサードリンク

ブリッジウォーター・アソシエーツのポートフォリオ組み入れ上位変遷(2023年12月編)


著名な投資家のポートフォリオを確認できるウェブサイトiBillionairが2020年の1月でサービス終了したため、コチラで確認してましたが、今日の朝まで更新なし。

ということで別のサイトで見つけた値を参考にしました。

9月の時点ではIVVの買いが目立ってました。
bridgewater-portfolio-top17-20231119.png

12月末はどうだったかというと相変わらずIVVは強く購入してますが、それ以外の組入れ上位の銘柄は売ってました。

bridgewater-portfolio-20240218.png
買増しが目立ったのは、エヌビディアやビザあたり。
bridgewater-topbuy-topsell-20240218.png
逆に生活必需品セクターの銘柄を売ってるようです。

セクター別で見ると生活必需品セクターの比率が下がっていました。
bridgewater-portfolio-sector-20240218.png

S&P500の比率はやや減少


S&P500と新興国株のETFでポートフォリオの7~8割を占めていた期間が長かったわけですが、この比率は低下して15%切るレベルになっていました。
bridgewater-emerging-20240218.png
bridgewater-SPY-]VWO-20240218
S&P500、新興国株式ともに微減。

とくに新興国株式はいずれも売却していて、中国を褒めてた姿勢は何処へ?という感じですね。

以前は比率が高かった債券ETFも金ETFも比率は上がっていませんでした。

この辺は創業者が名目上はトップじゃなくなった影響かもしれませんが、実質トップは変わってないという話もちらほら見るだけに、この傾向が変わるのか今年もウォッチしていきたいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3750-430d8be0
該当の記事は見つかりませんでした。