fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 国内株式 > 日経平均が34年ぶりに最高値を更新!仮にこの後暴落したときに指標値になりそうなのはPBR0.8?
国内株式

日経平均が34年ぶりに最高値を更新!仮にこの後暴落したときに指標値になりそうなのはPBR0.8?

26259628_s.jpg

日経平均が終値でも3万9000円台とつけて、34年ぶりに最高値を更新しました。

個人的に投資開始当初は日本株にネガティブな感じでしたが、10年以上運用してきた経験上、日本株悪くないんじゃね?と最近は書いてきたので、ある程度方向性当てれてほっとしています。

わたしはひねくれてますので、この後下がる可能性があると考えるタイプの人間ですが、じゃあ今後日経平均が下がった時の底になりそうな下限の指標的なものはないかと。

個人的に一つの指標値になりそうなのはPBRかなと。

スポンサードリンク

歴史上PBR0.8が下限であった


個人的に指標値になると思うのはPBRで、これは長期株式投資氏の「オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資 ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた!」に書かれてあった内容です。
ちなみに1年後出した本では配当が5万増えてるので、いまどうなってるのやら・・

で、本の中であげられていたのは以下の内容です。

  • 想像を絶する暴落がおきても、歴史上PBR0.8が下限であった
  • 大企業の株価がコロナショックの前後でどうなったかのかや、日経の1日の下落率ランキング20、暴落時の下落率と下落期間というのはいま覚えておく。
  • 3年程度は下落し続ける可能性を念頭に置く

こういう暴落を「数値化」するというのは個人的により大切だと思っていて、いまだと仮に暴落したらまとめサイト(意図的に煽る内容になってる)やら左派系メディアなんかが資本主義の終わりダーと騒ぐのが目に見えてますし。

X(twitter)のハッシュタグで日本の自称リベラルな極左が暴れまわるでしょう。

そんなときにここまで下がるところがあるっていうのを頭に入れておくのは重要と思うんですよね。

で、日本株は歴史上PBR0.8が下限であったそうなんですね。

現在がPBR 1.49で、チャイナショック時のあった2015年よりもまだ低く、バブル期ピーク時における東証1部のPBRは5.6。

現状PBR0.8となった場合に、PBR=株価 / 1株あたり純資産(BPS)ですから、想定されるのはPBR×BPSでBPSは指数ベースで18530.18なのでこれに0.8をかけると、14824円で約15000円。

コロナショックの底を考えると割と妥当な線じゃなかろうかと思いますね。

ともあれ今年は中国景気後退、アメリカ大統領選挙が荒れるというのはわかりきったことですから、この相場が続くと楽観視せず、かといって過度に悲観しせずというスタンスがベターじゃなかろうかと考えます。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/3758-5d364f4d
該当の記事は見つかりませんでした。