関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 投資哲学・投資理論 > 胆力を鍛えたい
投資哲学・投資理論

胆力を鍛えたい

仕事的に今月のピークを迎えております。夏休み明けにこれというが辛いところではありますが、これを乗り切れば、月の後半は比較的楽ということで、力を集中的に仕事へ費やす1週間となっています。

当然そういったときに交渉や周りでミスをする人がいると怒りはしませんが声のトーンが大きくなったりして今しますし、事態が悪化するのではないかと落ち着かなくなったりします。

基本的には大人しくしておりますが、スイッチが入るとついつい感情的になってしまいます。自分の性格面で問題となるとは思いますが、こればっかりはそう簡単に改善できるものではありませんし。

そういった意味で胆力というものを鍛えなければならないなぁと思うこの頃です。ピーターリンチも著書の中でこう言ってますし。

「株で利益を得られるだけの知力は誰にでもあるが、問題は胆力だ。」

実際、現状の投資状況でも胆力が必要だと思う状況です。実際に投資に胆力を絡めて考えてみますと以下の2つが直近の課題かなと。

スポンサードリンク

6月頃からの調整


6月頃からで資産が減っております。これを見て減ってんなぁとへこむ意識もある一方で、現金等の総資産と足して、減った分を計算すると、比率的にこんなものかと思えます。

そういう意味で投資に関しては胆力がある程度鍛えられたかなと。これも開始して1年はほぼ収支が横ばいだった経験と、ここ数年上がり続けていていつかは下がるだろうと考えて投資をしているのが大きいかと。

リーマンショック級の調整があるとすればもっと減るでしょうから、むしろそれに備えるためにも株式に投資するにしろディフェンシブに、債券・現金の比率を高める等、試行錯誤をしながら落ち着いて行動したいと考えます。これは現状かなりできていると思います。

ここが動く機会か?と思う時に


テンプルトン卿的なことを考えると、投資の機会ではないかと思うこともあります。実際にVTは1割以上下がっておりますし、NISA投資枠の核でディフェンシブな増配株VIGや高配当株HDVも下がっています。

特にHDVは組入れ上位のXOMとCVXが原油価格の下落の影響をもろに受けて10%以上下がっておりますので、そろそろ原油価格も下げ止まりではないかと思うところもあります。

こうしてみると中山競馬場のコーナー手前でマツリダゴッホ的に捲るような感じをやりたくもなりますが、米国の利上げの時期が不透明な間は、株式市場も不安定な動きをしそうです。

そういう時に動かずに我慢して市場の動向を見るのもまた胆力ではないかと。機会を逃してしまう可能性もありますが、いずれ来る調整時にも慌てずに積み上げていくことができるのではないかと思うのです。

投資歴5年以下でまだまだ経験が足りておりませんので、少なくとも経験は他の人より劣るという意識を持ったうえで、胆力を鍛えながら落ち着いて積立てていくことを心がけたいものです。
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/632-037ef281
該当の記事は見つかりませんでした。