関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 海外ETF > 直近のREIT ETFの値動きと利上げ時の米国REIT ETFの値動きを調べてみた
海外ETF

直近のREIT ETFの値動きと利上げ時の米国REIT ETFの値動きを調べてみた

アメリカの利上げが来週にも発表されるのではないかという状況になったのですが、ここに来て株式市場に動揺が見られる感じでしょうか?中々日本は2万円の大台を超えれず、ダウも18000に壁があるような感じになっております。

米国利上げ時の株価などへの影響はどの程度か?

実際に株式や債券がどうだったのかは依然調べたのですが、自分のポートフォリオ内の比率は低いものの、バランス型のインデックスファンドで投資をしているので利上げの影響をどの程度受けるのか?ということで調べてみました。

対象となるのは以下のETFかと思います。


  • i-shares先進国(除く米国)不動産ETF(IFGL)
  • i-shares米国不動産ETF(IYR)

近1年の値動きは以下の通りです。
IYR1y_151212.png

IFGLは香港の比率が高いので中国の影響を6月頃からもろに受けています。アメリカREITに関しても今年は冴えないようです。

これを10年単位で見るとどうなるかというと・・

スポンサードリンク

過去10年IYRとIFGLの値動き


IYR10y_151212.png

IFGL販売開始から10年経っていなかった・・

両方ともリーマンショック前を回復していないことがわかります。特にIFGLは日本の比率が高く、国内REITがかなり上がっている状況でこれですから、この先中々リーマンショック前を超えるのは難しいかもしれません。


利上げのあった2004~2006年頃のIYRを確認してみると


比較対象としてS&P500赤、債券ETFAGG、社債ETFLQDも追加。
IYR2004-2006riage.png

利上げがあった期間でそれなりに下がることがありましたが、結局S&P500よりも上昇しています。もっともこの1年後にリーマンショックとなるわけですが。

一番最初のタイミング2004年6月頃は大きく調整したものの、その後上昇したのはS&P500もREITも変わらないことから、調整があった場合は買うチャンスともいえそうです。

ただし、リーマンショック前の環境を考えると、REITが前回利上げ時同様上がるとは限らないかと。やはり中心は債券と株式がよいかなと考えます。

REITはバランス型ファンド購入でスパイス的に効果が得られればというスタンスでしばらくは行こうと思います。
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/730-2aa5c6a8
該当の記事は見つかりませんでした。